元プロ野球ロッテ投手の小川博が起こした強盗殺人事件とは?

TV番組

2月22日の「 ザ!世界仰天ニュース」では

スーパースターの転落人生SP」が放送されます。

 

甲子園では地元のスターとして活躍し

プロ野球のロッテ入団後もオールスターに出場するなど

して活躍した小川博

 

華やかな世界で活躍していきますが

怪我をしたことにより出場機会も減っていき

浪費癖などもあり借金は増えていき

プロ野球引退後は自己破産。

 

しかし、転落は止まらずに最終的には

強盗殺人事件を起こしてしまったのです。

何が起きていたのでしょう?

すこし調べてみました。

 

強盗殺人・・

なんで?

小川博

小川博(おがわひろし)は1962年に

栃木県で生まれます。

1歳の時に群馬県の家庭の養子となり

前橋工業高校時代には甲子園に3度出場。

2年生の時からエースナンバーをつけ

甘いマスクで女性からも人気がありました。

 

高校卒業後は青山学院大学に進学。

大学野球部の知名度上昇に貢献し

1984年にドラフト2位でロッテに入団となりました。

 

プロ入り後も速球を武器に活躍。

1988年にはリーグ最多の204奪三振をマークして

オールスターにも出場しています。

借金

小川は1988年には活躍を見せましたが

その翌年から成績は急降下していきます。

右肩を痛めていて

今までのような投球はできなくなっていたのです。

 

1992年に現役を引退しますが

功労者として球団に残り、コーチや球団職員など

仕事をします。

しかし、現役当時の浪費癖は残ったままで

離婚による慰謝料、パチンコ、携帯電話のアダルトサイト代金など

含めて借金は2000万円近くに。

 

普通の金融機関から借金はできなくなり、同僚に無心したり

闇金からも借り、その催促は球団事務所にまで来たため

2002年に解雇されました。

強盗殺人

小川は球団を去った翌年

埼玉県の産廃処理業者に入社し再出発をはかります。

プロ野球選手としての知名度があり

営業部長の職についたのです。

 

2003年には自己破産もしてやり直したのですが

浪費癖は治らず再び借金をしてしまいます。

ギャンブルに手を出し闇金から借金をして

その額は100万円近くにまでなりました。

 

2004年11月18日、小川はすぐに返済が必要な3万円を

無心するために会社の会長宅を訪れました。

しかし、会長は留守。

 

家政婦の女性が留守番していたためその人にお金を

無心しますが、拒否されたため突き飛ばし気絶させて

しまいました。

小川は家から現金175万円を奪い、女性を車に乗せ移動。

その後、気を失っていた女性を川に投げ込み

水死させたのです。

 

小川は奪ったお金で3万円の借金を返済し

残りはギャンブルなどで浪費。

1か月後に警察に逮捕され、無期懲役が確定しています。

 

【爆報】紅白にも出場した歌手克美しげるの車から遺体が、身勝手な殺人理由とは?
9月18日の「爆報!THE フライデー」では「禁断の芸能界ミステリー」が 放送されます。 羽田空港に駐車中の車のトランクから女性の遺体が発見されました。 車の持ち主はなんと紅白歌合戦にも2度出場している人気歌手。 ...
ちょっと一言

華やかな生活が忘れられなかったんだろうね

殺人までするなんて

コメント