【THEカラオケ★バトルSP】酒井法子が地上波で歌披露、なんと11年ぶり!

TV番組

酒井法子さんというと元アイドルであり、女優であり、歌手でもあります。

80年代後半はアイドルとしてのりピー語などを使い時代を圧巻

90年代を過ぎてくると女優として活躍してきます。

しかし、2009年になると「覚せい剤の所持及び使用」っという大きな過ちを犯して

しまいます。

その後は芸能界に復帰するもテレビで見かけることはほとんどなくなりました。

 

その酒井法子さんですが、テレビで久しぶりに歌を披露するということです。

THEカラオケ★バトルSP」という番組で3月27日に放送されるのですが

なんと11年ぶりに地上波テレビでの歌披露ということ。

 

そこで酒井法子さんについて少し調べてみました。

のりピーって個人的には「ひとつ屋根の下」のイメージが強かったんだよね

良妻賢母的な役のイメージがついていた人も多かったかもね

酒井法子

生年月日 1971年2月14日

出身地 福岡県福岡市

身長 157cm

所属事務所 オフィスニグンニイバ

デビュー年 1986年

 

オーディション「86 ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」で「BOMB!賞」を受賞。

元々この賞はなかったそうなのですが、サンミュージックの社長が「才能を試してみたい」

と急遽用意された賞のようです。

1986年のドラマ「春風一番!」でドラマデビュー。

さらに4月29日、「第2回 ミスモモコクラブ」で「ミスVHD賞」を受賞し VHDソフト

「YUPPIE」を発売し本格的にアイドルデビューを飾ります。

(VHDとはビデオディスク規格でのちに規格争いでレーザーディスクに敗れました)

翌年の1987年2月には「男のコになりたい」でアイドル歌手デビュー。

 

1990年になると台湾、中国、香港などにも活動の幅を広げ海外でも人気を

獲得していきました。

女優としても1993年の「ひとつ屋根の下」、1995年の「星の金貨」などヒット作が続き

女優の地位を確立、「星の金貨」主題歌で酒井法子さん自身が歌った「碧いうさぎ

はミリオンセラーとなり、この年初めて「紅白歌合戦」に出演しています。

 

1998年には結婚しプライベート、タレント、女優と活動を充実させていましたが

2009年にこれまで築いた地位が崩れ落ちるほどの事件を起こしてしまうのです。

シグナル 長期未解決事件捜査班

覚せい剤の所持及び使用

2009年8月3日、酒井さんの夫(のちに離婚)が覚せい剤所持で逮捕されます。

酒井さんも任意同行を求められますが拒否、行方をくらませたのです。

このことが酒井さんの印象をさらに悪くしましたね、逃走ということで

逮捕より印象が悪かったかもしれません

確かこの時点で旦那が逮捕されて酒井さんと連絡が取れないみたいな報道があったと

かすかに記憶がありますね。

 

8月7日には夫の供述、自宅の捜索により酒井さんへの逮捕令状がとられ

翌日の8日に出頭、逮捕されました。

 

その後、事務所との契約は解除され懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け

ています。

 

事件後には芸能界を引退して介護関係の仕事に就くとの報道もありましたが

2010年12月18日に「情報7days ニュースキャスター」に本のPRで

事件後初のテレビ出演(VTR)

その後はタレントとして芸能界に復帰しています。

11年ぶりの地上波テレビでの歌唱

今回酒井さんが曲を披露するのは「THEカラオケ★バトル」という番組。

プロの歌手が誰でも知っているような自身の最大のヒット曲を歌い

機械の採点で競うという番組です。

歌うのはもちろん「碧いうさぎ」、紅白でも歌った最大のヒット曲ですからね。

酒井さんはテレビで歌う姿を見ることはなくなりましたが、ディナショーなどでは

歌手活動を続けています。

どんな点数が出るのか楽しみですね。

 

今回の番組では酒井さんのほか、元光GENJIの諸星和己さんやイモ欽トリオ

など、普段なかなか歌う姿を見ない懐かしい面々も出てくるそうですよ。

こちらも楽しみです。

平成の時代にカラオケで一番うたわれた曲は一青窈のハナミズキ!
平成という時代も終わろうとしていますね。 この時代にカラオケでたくさん歌われた曲の一位が一青窈さんの「ハナミズキ」だそうです。 個人的にはあまりピンときませんが。 大爆発というのではなく、ずっと安定して歌われていたというこ...
ちょっと一言

どんな点数が出るんだろうね?

本物の歌手の人の点数が低いってこともあるしね

 

ランキング参加中♪

クリックしてもらえると嬉しいです(^^)

TV番組芸能
アッツをフォローする
アッツの知りたい情報秘密基地

コメント