【イッテQ】宮川探険隊が行く長崎県宇久島の謎の巨石群とは?縄文時代に日時計として使われていた?

TV番組

9月25日の「世界の果てまでイッテQ」では

宮川探険隊!長崎で真夏の強化合宿&ロッチ中岡Qtube」が

が放送されます。

 

宮川探険隊が真夏の強化合宿で向かう場所は長崎県。

長崎県の島々をめぐるのだとか。

 

対馬ではツシマヤマネコを追い

五島列島の多々良島では日本最大級のサンゴを見るみたいですね。

 

他には山奥にそびえたつ謎の巨石群に向かうようです。

この巨石群とは宇久島の巨石群かもしれません。

野崎島にも巨石があるようですが。

 

どういう事なのか少し調べてみました。

 

巨石群?

何かの遺跡?

宇久島

宇久島(うくじま)は長崎県の五島列島の

最北端にある島で2000人近くの人が

暮らしています。

 

1187年に壇ノ浦の戦いで敗れた平清盛の弟平家盛が

安住の地を求めたどり着いたという言い伝えが残っていて

史跡や文化財が残っているようです。

 

緑豊かな自然も豊富で

国内では絶滅したと言われてる

ヒガンバナ科「ムジナノカミソリ」の一種が発見された

こともありました。

巨石群

宇久島の疫病と五穀豊穣などの神を祭る厄神社

 

ここには高さ15メートルほどもありそうな巨石が

支え合うようにして立っています。

この巨石には人為的に掘られたような2本の線刻が残ることや

鋭角な石の形状など観光スポットとして有名な

岐阜県の岩屋岩蔭遺跡の巨石群に似ていることが多いことから

観光スポットにしたいようです。

 

石の間から差し込む光に注目して

縄文時代で日時計として使われていたのではないか

という古代遺跡に見立てるのですね。

 

ロマンがある古代遺跡説。

島ではガイドブックや案内板なども作り

人口減少が進む島で観光拠点として活躍してもらうのです。

王位石

五島列島にある野崎島

現在は無人となっているようですが

江戸時代などには隠れキリシタンの人たちが

住んでいて、戦後には600人ほどが暮らしていたそうです。

 

この島にある沖の神島神社の社殿の奥には

謎の巨石があります。

その名も王位石(おえいし)

高さは24メートルもあるのだとか。

 

人工物か自然物かはわからないようですが

イギリスのストーンヘンジのような感じに見えます。

ここには隠れキリシタンも礼拝に来ていたそうです。

 

宮川探検隊の旅。

どうなるのか楽しみですね。

 

【何だコレ!?ミステリー】滋賀県のお寺の謎の巨大観音像の写真、ネットの力でわかった正体とは?
6月8日の「世界のなんだコレ!?ミステリー」では 「ネットユーザーの力で奇跡の捜索! 写真に写る巨大観音像、正体を暴け!」が放送されます。 滋賀県のあるお寺で写真が見つかりました。 この写真は昭和初期と見られ...
ちょっと一言

色々なところに巨石があるんだね

不思議だよね

コメント