NHKみんなのうたは2021年で60周年、一番最初に流れた曲や番組誕生の理由は?

TV番組

NHKで放送されている「みんなのうた

一度も聞いたことがないという人はいないでしょう。

誰もが1曲は心に残っている曲があるはずと思います。

 

そんな「みんなのうた」は今年で誕生60周年。

4月3日には「みんなのうた60 生放送 ~バースデースペシャル!~」が放送されます。

当たり前のように身近にある感じですからね。

様々なヒット曲も生まれています。

jpopのアーティストの人が歌うことも2000年あたりから増えてきました。

 

誕生60周年という歴史ある番組「みんなのうた」はどうやって

誕生したのでしょう?

初めに流れた曲は?

すこし調べてみました。

 

60年なんだ

数々の名曲が生まれてきたね

みんなのうた

みんなのうた」の記念すべき第一回目の放送は1961年4月3日

5分の番組で1曲から2曲を流し、約2か月ごとに曲が変わります。

 

1960年代初頭は高度成長期でテレビも普及していきました。

流行歌が誕生していく中、「子供たちが口にするのは美しく健康的な歌詞とメロディー

であってほしい」という思いから「みんなのうた」は誕生しました。

当時は歌手は立って歌うのが当たり前という時代。

歌と映像が合わさった番組に衝撃を受けた人もいたのだとか。

プロモーションビデオのさきがけのような感じなのかもしれませんね。

 

現在は親と子だけでなく懐かしい歌も流れているので

祖父母もターゲットに入っているそうです。

家族で会話もはずみます。

1曲目は?

記念すべき第一回放送の1961年4月3日の曲は「おお牧場はみどり」だったそうです。

 

「おお牧場はみどり」はチェコやスロバキアなどで親しまれてきた民謡。

この歌は移民によりアメリカにわたり、大正時代に渡米した牧師の教会音楽家中田羽後さんにより

英語の歌詞から日本語の歌詞が作成されました。

「みんなのうた」ではと東京少年合唱隊が歌っていて、背景には牧場の牛などの映像が流れています。

 

初めてのオリジナル曲は「誰も知らない

NHK専属タレント第1号の楠トシエさんが歌っていました。

みんなのうた60

「みんなのうた」は今年で60周年。

1500以上もの楽曲が生み出されてきました

 

そこで井ノ原快彦さんをアンバサダーに迎え

「みんなのうた60」プロジェクトを開始。

 

様々な特集番組を展開し、「スペシャルセレクション」として

多くの作品も再放送しています。

さらに小田和正さんが記念ソング「こんど、君と」を歌うのですね。

 

「みんなのうた60 生放送~ バースデースペシャル!~では

「みんなのうた」にゆかりのあるゲストのトークや

お祝いコメントなどが飛び出てくるみたいです。

 

【アンビリバボー】イギリスの電車内で歌うボン・ジョヴィおじさん、笑いや感動の理由は?
3月25日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」では 「驚きの連続!マサカの結末SP」が放送されます。 その中で登場する人がボン・ジョヴィおじさん。 イギリスの電車の中でボン・ジョヴィになりきる名物おじさんなのだそうで...
ちょっと一言

60周年ってすごいね

親子3代だもんね

コメント