【ナニコレ珍百景】群馬県みなかみ町にある観光農園プラムの国にある恐怖の洞窟とは?

TV番組

8月14日の「ナニコレ珍百景」では

「夏のミステリー特集!恐怖の洞窟&民家で車のおもちゃをつるす風習」が

放送されます。

 

群馬県みなかみ町にある観光農園には恐怖の洞窟

という場所があるそうです。

そこは狩野英孝さんもビビッて絶叫するほど。

 

なんでも手作りのようですが、野生コウモリもいる本格的な

ホラーハウスなのだとか。

 

どのような場所なのでしょう?

少し調べてみました。

 

恐怖の洞窟?

おばけ屋敷みたいな感じ?

みなかみ町

みなかみ町は群馬県の最北端にある町で

人口は約1万6千人。

 

谷川岳や大水上山などの約2000m級の山々に囲まれた地で

利根川の源流域であり「関東の水瓶」と称される自然や

「みなかみ十八湯」と総称される温泉群など

自然に恵まれていてアウトドアスポーツの拠点も

充実している観光地です。

プラムの国

群馬を代表するB級スポットの一つと言われる「プラムの国

プラムの国ではプラム狩りが楽しめるだけでなく

たくさんの楽しめるものがあるようです。

 

バラエティ広場には数多くの昔ながらの遊具があり

ほかにもウサギやミニヤギと遊んだり

一周約300メートルの自転車のサーキットコースも

あるみたいですね。

でも一番有名なのは恐怖の洞窟でしょう。

恐怖の洞窟

恐怖の洞窟

それはおよそ50メートルほどのひんやりした洞窟で

プラム園の園主さん手作りの仕掛けが仕掛けられている

手作りのお化け屋敷。

 

中にはゾンビやワニ、ガイコツなどもいて

手作り感満載なところが逆に怖かったりも

するのだとか。

 

暑い夏にちょうどいいかもしれませんね。

 

【ナニコレ珍百景】群馬県太田市の人気名所相場ばら園、個人で20年かけて造った人は82歳の相場眞江
7月10日の「ナニコレ珍百景」では 「82歳が個人で造ったバラ園」が放送されます。 群馬県太田市にある100種400本のバラが咲きほこるという 人気名所。 そこは現在82才のおばあちゃんが60才のころから趣味...
ちょっと一言

面白そうなところだね

昔ながらのスポット?

コメント