【ストーリーズ】2011年視覚障害者の武井視良が電車にはねられた事故とは?ブラインドテニスを発案

TV番組

1月22日の「ストーリーズ」では

事件の涙▽あなたがいなくなって~視覚障害者 駅ホーム転落事故~」が

放送されます。

 

視覚障害者の夫婦がお互いを支えあって暮らしていましたが

11年前の2011年、夫が妻の目の前で駅のホームに転落。

電車にはねられ帰らぬ人になってしまったのです。

 

この事故はニュースなどで大きく報じられ

駅へのホームドア設置の議論にもなったそうです。

ホームドアも当時よりは増えましたが

まだまだみたいですね。

どういう問題があるのでしょう?

すこし調べてみました。

 

地方だとほとんど見かけないもんね

全部の駅には無理なんじゃない?

2011年の事故

2011年1月16日、東京都豊島区のJR山手線目白駅。

 

全盲の夫婦武井視良さんと妻の悦子さん

新年会の帰り内回り電車に乗車中、下車駅である大塚駅を

を乗り過ごしてしまいます。

そこで2駅先の同じホームで内外回りの山手線乗り換えができる

目白駅で下車しました。

 

ホームの反対側の外回り線に乗り換えようとしたとき

視良さんが誤ってホームに転落、電車にひかれて

亡くなってしまったのです。

 

ホームには幅約30センチの点字ブロックがあったが

ホームドアはなく、悦子さんが視良さんのリュックをつかみ

歩いていましたが、「危ない」の声が聞こえた直後に

リュックは急に下に落ちたそうです。

ブラインドテニス

事故によりなくなってしまった武井視良さんは

ブラインドテニスの考案者でした。

 

1984年、埼玉県立盲学校で学んでいた武井さんは

テニスがしたいという夢を抱き

音の出るボールの研究を始めます。

 

あるとき、スポンジでできたボールの存在を知り

武井さんはそのスポンジボールを買い、半分に割った後

音が鳴る盲人用の卓球のボールを入れてみました。

 

その後、武井さんが考えたボールが採用され

1990年に第一回ブラインドテニスの大会が

開催されることとなりました。

事故後

事故後、奥さんの悦子さんは心を閉ざした時期も

ありましたが、現在は鉄道事故を無くすための運動をしています。

 

事故があった目白駅ではすぐに点字ブロックの張替えが行われ

2013年11月にホームドアの運用も始まりました。

 

ただ昔似比べてホームドアの設置も進んでいますが

その数はまだまだ。

やはり費用の問題が大きいのでしょう。

それにいろいろな車両が運用されているケースもあり

ホームドアと列車の入り口を合わせるのも大変なのだとか。

 

難しい問題ですが

事故を減らすためにもホームドアは設置してほしいですね。

 

【高井隆一】認知症の親が鉄道事故にあい裁判に、社会を動かした判決とは?
6月1日の「逆転人生」では「認知症の親が鉄道事故に 社会を動かした逆転裁判」 が放送されます。 今回の主人公は高井隆一さん。 認知症の91歳の父親が鉄道事故にあい、亡くなってしまいます。 その後、鉄道...
ちょっと一言

こっちではほとんど見ないなあ

人が多い駅からだろうしね

コメント