女子バレーのスター「メグカナ」の大山加奈が憧れた妹とは?

TV番組

メグカナ

過去の女子バレーボール人気に火をつけた栗原恵選手と大山加奈選手の2人の

スーパースターです。

2003年ごろでしたか、2人の活躍もあり女子バレーはブームとなりました。

 

そのうちの一人大山加奈さんが5月19日放送の「消えた天才」に登場します。

なんでも「常に目標であり憧れの存在」だった1歳年下の妹さんがいるそうで。

その妹さんですが、日本代表も期待されたのですが24歳の若さでバレーボール

を辞めてしまいました。

なぜ辞めたのでしょう?

少し調べてみました。

メグカナ懐かしいね

大山加奈選手は2010年に引退してたんだ

大山加奈

大山加奈さんは1984年生まれの元バレーボール選手。

小学2年生からバレーボールを始め、喘息もバレーボールに打ち込むこと

により克服したそうです。

小学6年生の時に身長が175cmもあったとか。

成徳学園高校時代にはキャプテンとして、インターハイ・国体・春高バレー

の3冠を達成、小中高とすべての年代で全国制覇を経験しています。

その実績と期待から2002年に全日本デビュー。

その年の世界選手権とアジア大会では唯一の高校生プレーヤーとして出場しています。

 

2003年にはVリーグの東レ・アローズに入団、ワールドカップでは「メグカナ」の

19歳コンビとして大活躍、フィーバーを生むことになりました

2004年にアテネオリンピックに出場しましたが、2005年あたりから腰痛などで離脱すること

が増えてきます。

その後は欠場と復帰を繰り返しながら、2010年に現役を引退することになりました。

 

引退後は2014年まで東レの社員として活動、現在はRIGHTSのマネジメントを受けていて

解説者やバレー教室、講演活動などを行っています。

大山未希

大山未希さんは大山加奈さんの一つ年下の妹です。

未希さんが身長179cm、加奈さんが187cmでさすがバレーボーラー

姉妹で長身なんですね。

未希さんがバレーボールを始めたのは小学校一年生のとき。

加奈さんは2年生の時に始めたので一緒に始めたのでしょう。

未希さんもお姉さんと同じように小中高と全国制覇をし、東レ・アローズに入団します。

 

2010年、チームのVリーグ3連覇に貢献し東レ・アローズを退団すること

をチームの公式サイトに綴りました

ビーチバレーに転向

このとき、妹の未希さんはビーチバレーに転向します。

くしくもお姉さんの引退の時期と同時期になってしまったのですね。

これは相談などはしていなくてタイミングがぶつかっただけらしいです。

 

ではなぜビーチバレーに転向したのでしょう?

もともと小学校から仲良しで一緒にプレーしたことがある選手からビーチバレー

に誘われていて興味があったそうです。

それに小学校一年生から常に強いチームでプレーしてきて

Vリーグを3連覇したあたりからそろそろいいかなと思い始めたとか。

全日本にはそんなに入りたいという意識はなかったそうですよ、

後はどんなに頑張っても「大山加奈の妹」という眼で見られるのが少し

悔しかったのかもしれないですね、偉大なスポーツ選手を家族に持つとありがちですが。

 

未希さんは2015年に現役を引退します。

今はお姉さんと同じくバレーボールの普及活動をしているようです。

大山姉妹二人が講師のバレーボールキャンプもありました。

 

元バレーボール代表佐々木太一の現在は?ウイスキーの資格を取得!
来年には東京オリンピックが開催されます。 バレーボールも注目の競技の一つですね。 2016年のリオオリンピックは出場できなかったけど、東京オリンピックは開催国枠で 出場できるので頑張ってほほしいです。 そんな...
ちょっと一言

同じ競技の選手だと比べられるもんね

姉妹で一時代を築いたね

コメント