【ナニコレ珍百景】島根県松江市にある謎の建物最先端のVRを体験できるVR体験道場とは?

TV番組

8月28日の「ナニコレ珍百景」では

島根 郊外の駐車場に最先端VR体験できる小屋」が

放送されます。

 

島根県松江市にある駐車場に謎の建物が

あるらしいです。

なんとその建物では世界旅行・落下を最先端VRで体験

できるのだとか。

 

その建物の名前は「VR体験道場

その名の通り数々のVRを体験できるみたいですね。

どのようなところなのでしょう?

少し調べてみました。

 

VRね

けっこう普及しているのかな?

松江市

松江市(まつえし)は島根県の県庁所在地で

中核市。

人口は約20万人です。

 

松江市の近隣には2つの空港があり

首都圏へのアクセスも良く

宍道湖や中海など自然も豊富で

水の都とも呼ばれています。

 

天守が国宝である松江城など有名な観光地もあり

山陰の中心都市となっています。

VR体験道場

松江市の国道9号沿いにある謎のプレハブの建物。

そこにはVR体験道場と書かれてます。

 

いまはVRゴーグルをつけると

まるで本物のような精巧な映像の仮想現実を

体験することができます。

VR体験道場でも色々体験できるのだとか。

 

ここのオーナーはオーナーの金築知也さん。

「松江テクノサービス」のデジタル部門次長でもあります。

VR体験の魅力を島根県で広めるため

社長の了解を経て、2022年4月にオープンしたのだとか。

VR

VR体験道場では6個ものブースがあり

25ものVRが体験できるそうです。

 

ジェットコースターや、レース、シューティングゲーム

リズムゲームやガンアクションなどいろい楽しめますが

おすすめは80階建のビルから一本橋を渡り

橋の先にあるケーキを拾うソフト。

 

5分くらいのソフトが100円から体験でき

10分200円のフリータイムもあるそうで

色々と楽しめそうですね。

 

【マツコ会議】デジタルアート、VRアーティストのせきぐちあいみ・画家萌白とは?
7月31日の「マツコ会議」では 「デジタルアートの画家」と中継をつなぐようです。 史上規模が3年で35倍。 急成長したデジタルアート業界。 華やかな作品で一攫千金も夢ではない デジタルアート画家の人と中...
ちょっと一言

お手頃価格だね

面白そう

コメント