【世界まる見え】ニューヨークのスタイリッシュイケおじカメラマナンマーク・レイはホームレス?

TV番組

8月8日の「世界まる見えテレビ特捜部」では

なにわ男子も驚きNYイケおじカメラマンの住処」が

放送されます。

 

アメリカのニューヨーク在住のイケおじのカメラマン。

188センチの高身長でスタイリッシュ。

この人はなんとホームレスなのだとか。

その人の名前はマーク・レイさん。

 

映画にもなっているみたいですね。

どういう事なのでしょう。

少し調べてみました。

 

ホームレスでカメラマン?

どうして?

ニューヨーク

アメリカのニューヨーク州にあるニューヨーク市

アメリカ最大の都市でも世界トップの大都市です。

人口は約800万人。

 

世界中の経済・エンターテイメント・ファッションなどの

最先端を走っています。

マーク・レイ

マーク・レイさんは1959年にアメリカの

ニューヨークの郊外にある地域で生まれます。

 

チャールッストン大学でバスケットボールをしていましたが

2メートル以上の選手が多く

勉強を一生懸命することとなります。

 

大学卒業後はバックパッカーとしてヨーロッパを

3か月間放浪。

その放浪で知り合ったベルギーの人から

モデルエージェンシーを紹介してもらい

25歳からモデルを始めます。

 

フランスの「VOGUE」に載ったり

ジャンニ・ヴェルサーチやモスキーノ

ミッソーニなどのランウェイも歩き

4年間、ヨーロッパでモデルとして活動。

 

その後は演技の学校に行き、カメラマンとしての活動も開始。

ふたたび、ヨーロッパでモデルとして活動することもありました。

ホームレスに

華々しい活躍を送っていたマーク・レイさんですが

その後、俳優、モデルに転身すると待っていたのは

過酷な現実でした。

 

ニューヨークは物価が高いため、ぎりぎりの生活費しか

稼げなくなりニューヨークのアパートの屋上で

6年間もの間ホームレス生活を送ることとなったのです。

 

2017年にはマーク・レイさんを3年間取材したドキュメンタリー映画

ホームレス ニューヨークと寝た男」が公開されました。

 

この映画の公開後、アパートの鍵が変えられ屋上に行けなくなり

現在はアパートを借りているのだとか。

 

ニューヨークで夢をあきらめないマーク・レイさん。

応援したいですね。

 

【激レア】43年間野山でサバイバル生活をしていた洞窟オジさん、加村一馬とは?
4月25日放送の「激レアさんを連れてきた。」は 「13歳で家を飛び出したら そのまま飛び出しっぱなしで43年間野山で原始人生活してた人 」 が放送されます。 13歳からサバイバル的な生活をするなんてどんな生活...
ちょっと一言

ニューヨークでホームレスは危険そうだけど

危ないことはなかったのかな?

コメント