【仰天ニュース】ウクライナ上空で姿を消した航空機マレーシア航空17便、その犯人はロシア?

TV番組

5月10日の「ザ!世界仰天ニュース」では

謎の航空機事故スペシャル!」が

放送されます。

 

そこでは「消えた民間機

世界が震撼した真実」が放送されるようです。

 

2014年7月17日。

オランダアムのステルダムを出発したマレーシア航空17便が

マレーシアのクアラルンプールに向かう途中

ウクライナ上空で突如レーダーから消えてしまいました。

 

この航空機には298人もの乗客乗員が乗っています。

そのときロシア側は「ウクライナ軍がマレーシア航空17便を撃墜した」と

驚きの主張をしたのです。

しかし、ある組織がロシアの主張の矛盾をついていったのだとか。

 

どういうことなのでしょう?

すこし調べてみました。

 

航空機は撃墜されたの?

助かった人はいなかったのかな

マレーシア航空17便

2014年7月17日。

マレーシア航空17便は乗客283人と乗組員15人の合計298人を乗せ

オランダのアムステルダム・スキポール空港を出発し

マレーシアのクアラルンプール国際空港に向かいました。

 

しかし、マレーシア航空17便はウクライナとロシアの国境付近上空を飛行中

管制官から連絡がつかなくなりレーダーからも消えたのです。

 

実はマレーシア航空17便はミサイルで撃墜されていて

乗客乗員298人は全員亡くなっていました。

調査

マレーシア航空17便が撃墜されたことの調査が

第3者で始まります。

国際合同捜査チーム(JIT)の主体はオランダ。

オランダからの飛行機ということでオランダ人犠牲者は

193人と一番多かったのです。

 

当時ウクライナではロシアを後ろ盾とする分離政体(ドネツクとルガンスクの人民共和国)と

クライナ軍との攻防が激化していました。

墜落事故はその戦闘地域の付近の上空で起き

地対空ミサイルによる撃墜ということがわかります。

 

ロシアはウクライナ軍が撃墜したと主張しましたが

行機を撃墜したミサイルはロシアの地対空ミサイルシステム「ブーク」で

親露派の地域から発射されていたのです。

このミサイルは撃墜当日にロシアからウクライナに持ち込まれ

撃墜後にロシアに戻ったことが判明しています。

ロシア政府高官の指示?

2019年、国際合同捜査チーム(JIT)はロシアの高官が

ウクライナ東部の分離派指導者に師事を出していたと

みられると発表。

 

ロシア人3人とウクライナ人1人が撃墜に関わったと

結論づけ殺人罪で起訴しました。

その4人とは

反政府勢力が支配していたドネツクで防衛相だったイゴーリ・ギルキン

ロシア参謀本部情報局の職員セルゲイ・ドゥビンスキ

ドネツクで諜報部門ナンバー2のオレグ・プラトフ

ウクライナ人で反政府の戦闘部隊を指揮していたレオニド・ハルチェンコ

の4人です。

 

2022年には38人の犠牲者を出したオ-ストラリア政府とオランダ政府が

ロシアに対して法的責任を求める手続きを開始したと発表。

撃墜により起きた損害の完全な賠償と

航空評議会でのロシアの投票権の停止を求めています。

 

【極限ミステリー】上空10000mで飛行機のエンジン停止、驚異の着陸とは?
11月27日放送の「ワールド極限ミステリー」 エアカナダの飛行機トラブルのことが放送されるようです。 エアカナダ143便の全エンジンが上空10000メートルで止まってしまったらしいです。 なぜ止まってしまったのでし...
ちょっと一言

誤射だったの?

余りにも犠牲者が多すぎる

コメント