作曲家久石譲の娘麻衣が結婚したのは城田優の兄?ぶっ飛び母ちゃんとは?

TV番組

 

作曲家の久石譲さん。

多くのジブリのアニメや北野武監督の映画の音楽を手掛けるなど

超がつくほど有名な音楽家です。

2009年に紫綬褒章を受章したり、2010年に国立音楽大学招聘教授に就任したりもしています。

 

12月23日放送の「深イイ話2時間SP」には久石譲さんの娘さんが登場するそうです。

娘さんはミュージシャンの麻衣さん。

なんと麻衣さんは城田優一家に嫁いだのだとか。

城田一家の強烈すぎるぶっ飛び母ちゃん登場するそうですよ。

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

ぶっ飛び母ちゃんって城田さんのお母さん?

そうじゃないかな

麻衣

 

麻衣さんは1979年生まれ。

2歳からピアノを習い始めます。

 

映画「風の谷のナウシカ」で使用された劇中歌「ナウシカ・レクイエム」は4歳の麻衣さんが歌って

いたのですね。

「ラン、ランララ、ランランラン」のフレーズのあの曲です。

 

6歳で東京放送児童合唱団に所属します。

18歳のころには歌手になろうと決めていたそうですが、なかなか父に言い出せなくて

説得するまで3年間かかりました。

成城大を卒業後、アメリカのシリコンバレーにあるメンロー大学で法律や音楽ビジネスについて学び

帰国後の2005年、父の久石譲さんが作曲した韓国映画「トンマッコルへようこそ」の

テーマ曲で歌手デビューを果たします。

 

2014年には30年ぶりに「ナウシカ・レクイエム」っをソロライブで披露しました。

丹羽大

 

麻衣さんの旦那さんは丹羽大さん。

二人は2017年9月に出会い、2018年6月に入籍しました。

 

丹羽大さんは現在42歳。

中国の上海の名門、復旦大学に留学後、北京の広告代理店に勤めていて

2016年に出馬、現在は国会議員なのです。

 

そして、城田優さんのお兄さんでもあるのですね。

お父さんは違いますが、同じお母さんの元育ち兄弟の中で最もウマが合うそうです。

なので麻衣さんも城田優一家の一員なのです。

ぶっ飛び母ちゃん

 

ぶっ飛び母ちゃんとは城田優さんのお母さんのペピーさんのことでしょう。

ペピーさんは1955年にスペインで生まれます。

1976年に19歳で来日、1983年には「ルックルックこんにちは」のリポーターに起用されました。

1989年に家族全員でスペインのバルセロナに移住。

1994年に再来日し、1988年には「ここが変だよ日本人」のレギュラーとなりました。

 

ペピーさんは3回結婚して3回離婚のバツ3です。

3回とも自分からいったとのこと。

長男が丹羽大さんで3男が城田優さんなのです。

 

ペピーさんはとてもポジティブでみんなから慕われる性格のようですね。

現在は東京の荻窪でブティック「LINA」を経営しているそうです。

ちょっと一言

それにしてもぶっ飛びって久しぶりに聞いたね(笑)

肝っ玉母ちゃんみたいな感じなのかな?

コメント