静岡県伊東市のまぼろし博覧会の館長セーラちゃんとは?作った理由は何?

TV番組

1月7日の「ドキュメント72時間」では

ゆめまぼろしのテーマパークへようこそ」が

放送されます。

 

静岡県伊東市にある不思議なテーマパーク。

そこは巨大な敷地の中に怪しげな置物や

昭和の時代の雑貨などが並んでいるB級スポットです。

 

ここは「まぼろし博覧会

怪しい雰囲気や独特な館長セーラちゃん

引き寄せせられるように遠方からも人が集まるスポット。

 

どのような場所なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

面白そう

興味があるよね

まぼろし博覧会

 

まぼろし博覧会は静岡県伊東市にある

私設のテーマパークです。

その敷地面積は東京ドームのグラウンドと

同じほどの大きさ。

 

2011年にオープンしたまぼろし博覧会の

コンセプトはキモ可愛いなのだそうで

昭和の街をテーマにした場所や

大量の動物のはく製やマネキン、他にも

巨大な聖徳太子像やモアイなど見どころも

盛りだくさん。

 

イベントなども開かれていて

カオスな博物館とネットなどでも話題になっています。

セーラちゃん

このまぼろし博物館の館長はセーラちゃんと呼ばれる人。

かなり独特な人のようですが。

 

セーラー服やビキニなどいろいろな姿で

います。

実はこの人東京の出版社の社長でもあり2足の

草鞋を履いているのです。

 

「日本の男性でビキニ焼けがあるのは私くらい」という

セーラちゃん。

もともとセーラー服のおじさんがまぼろし博覧会にきたときに

「こういうのもあり」と思いセーラー服を着て

まぼろし博物館に来た人の前に出ていたら

セーラちゃんと呼ばれるようになったのだとか。

 

まぼろし博物館に来た人とはフレンドリーに接していて

御姫様だっこをしてもらったり写真を一緒に撮ったり。

衣装も200着くらいあるそうで

セーラちゃんをもっと見たいというお客さんもいて

写真集も出しています。

なぜ作った?

なぜセーラちゃんはまぼろし博覧会を作ったのでしょう?

 

現実世界にはいろいろなものがありますが

趣味以外の世界はみんなあまり知らない。

そこで、現実社会にある面白いものの百科事典

みたいな感じで現物を集めようと思い

色々なものを集めだし

貴重なものからガラクタみたいなものまで

膨大な数をそろえて、もともと熱帯植物園で

廃墟になっていたところを選びたてたのだそうです。

 

404 NOT FOUND | アッツの知りたい情報秘密基地
好奇心旺盛なアッツがTV、トレンド、疑問、思いついたことなど書き連ねます
ちょっと一言

ちょっと不思議な感覚

番組も楽しみだね

コメント