【アンビリバボー】島田須尚一家と車いす犬ラッキーの感動秘話とは?

TV番組

8月20日の「奇跡体験!アンビリバボー」では「夏真っ盛り!爆笑&胸キュン!アニマルスペシャル!」が

放送されます。

 

その中で1匹の犬が飼い主とその家族を変えていくエピソード

島田須尚さん家と車いす犬ラッキーの話も出てくるそうです。

 

島田須尚さんは電気店を営んでいました。

仕事一筋で子供たちが犬を飼いたいといっても飼うことはなかったそうです。

 

成長した子供たちが家を出た後、島田さんに転機が訪れます

家の前に捨て犬がいたのです。

その捨て犬と2匹目にラッキーという犬を飼うことになり

家族には笑顔やコミュニケーションが増えていきました。

 

その矢先、ラッキーが事故にあってしまうのです。

ラッキーは背骨を骨折し下半身が動かなくなったため、医師からは安楽死を

進められましたが、島田さんの決断により自身も変えていくことになったそうです。

どのようなことが起きたのでしょう?

少し調べてみました。

 

下半身が動かなくなったので車いすになったのかな?

島田さんはどうしたのだろう?

島田須尚

 

島田須尚さんは鹿児島県は奄美群島の徳之島で電気店を営んでいました。

妻と3人の子供と暮らしていましたが、仕事一筋のため子供が「犬を飼いたい」

と言っても飼うことはなかったそうです。

 

子供も成長し家を出て、島田さんは事業を拡大するなど仕事にまい進。

ある日、捨て犬が家の前にいました。

始めは追い払っていたのですが、情がわき餌をやるようになりましたが

ある時から姿を見せなくなります。

気になった島田さんは保健所に行くと捨て犬の姿が。

1週間後に殺処分されるというので引き取り「」と名付けます。

 

50歳を超えて初めて犬を飼い、寅の飼育歴は12年になろうとしていました。

ラッキー

2012年、毒蛇のハブも潜む亜熱帯の森から救い出された生後間もない子犬を飼うことになります。

子犬の親兄弟はすでに息絶えていたそうです。

 

私たちのところに来たことが幸運になれば」ということでラッキーと名付けました

2匹に犬が増えたことで家族のコミュニケーションはますます深まりましたが

2013年、ラッキーは交通事故にあい背骨を折り下半身不随となってしまったのです。

 

当時の徳之島には動物病院はなく、牛専門の獣医に見せると

「自然治癒するとは思えない、安楽死させてはどうか」と提案されますが

事故から4日目、ラッキーは沖縄にいる息子夫婦を頼り専門医に見せることになりました。

手術は2度行われ成功しましたが、下半身は戻らず車いすを用意してもらうことになります。

 

ハイスピードプラン

手術後

40日後、徳之島に戻りラッキーはオーダーメイドの車いすを装着すると

元気に走り回ることができました。

漁港や公園などを力強く走るラッキー。

 

島田さんは2016年、胃ガンで胃の3分の2を切除する手術をうけました。

そのとき、ラッキーは毎日長女と病院にお見舞いに来てくれ島田さんは励まされ

健康に気を配ることとなり、ボランティア作業にも目覚めたそうです。

 

初代の愛犬「寅」は15年間飼育してみとることができました。

島田さんは「ラッキーも天寿を全うさせてやりたい」と思っています。

 

未来の横綱候補、小学生横綱豊田倫之亮とライバルで親友の重村鴻之介とは?
8月2日放送の「ジャンクSPORTS」は「天才キッズ大集合!」が放送されます。 相撲キッズの豊田倫之亮君と重村鴻之介君も出演するようです。 未来の横綱候補でもあり小学生横綱の豊田倫之亮君と親友でライバルでもある ...
ちょっと一言

自分が病気になりラッキーに励まされたんだね

ラッキー、元気がいいんだろうね

コメント