【ふしぎ発見】中国の最新世界遺産は梵浄山、少数民族ミャオ族の恋祭りとは?

TV番組

世界中にはいくつもの世界遺産があります。

2020年には日本も「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の自然遺産としての登録

を目指しているらしいですよ。

2017年に一度推薦されましたが、その時の反応はあまりよくなく今夏はその

リベンジということです。

 

さて6月22日放送の「世界ふしぎ発見!」では中国の新世界遺産を巡るそうです。

それは梵浄山という自然遺産。

さらに少数民族のミャオ族には姉妹飯節という恋のお祭りがあり

アジア最古のバレンタインデーと呼ばれることもあるそうです。

どんな感じなのでしょうか?

少し調べてみました。

アジア最古のバレンタインデーだって

告白とかするのかな?

梵浄山

梵浄山は中国の貴州省にあり標高は2570m

2018年の第42回世界遺産委員会で世界自然遺産に登録されました。

中国では13件目の世界自然遺産だそうですよ。

 

この山は奇妙な形をした岩石層、さらに紅雲金頂の山頂には橋でつながれた2つの寺院もあり

登山中には様々な景色が見られあきが来ないでしょうね。

多様な生態系も保たれていて絶滅寸前種に指定されているチュウゴクオオサンショウウオや

絶滅危惧種のコビトジャコウジカなど希少種も存在し、貴州ゴールデンモンキーとホンショウモミ

の唯一の生息地でもあります。

千年の歴史をもつ有名な仏教名山でもあるそうですよ。

姉妹飯節

ミャオ族は中国の国内に住んでいる民族集団で、55の少数民族のうちの一つです。

そのミャオ族にはいくつものお祭りがあります。

300年お歴史を誇る「「跳花節」、そしてアジア最古のバレンタインデーと呼ばれる「姉妹飯節

 

姉妹飯節は恋のお祭りです。

女の子は銀の冠や赤いスカートなど伝統的な礼服に身を包み、恋愛相手を探します。

バレンタインならここでチョコレートを渡すところですが、このお祭りでは

「姉妹飯」というあざやか色合いのおこわを渡し告白するのだそうです。

 

確かにバレンタインと似ていますね。

ミャオ族のしきたりでは同姓の人と結婚できなかったため、遠くの村から若者に来てもらおうと

お祭りを開き、厚くもてなした後はおこわをお土産として包みました。

そしてそれがきっかけとなり、夫婦となったという伝説があるそうです。

日本の最新の世界遺産は?

日本では2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界文化遺産が登録されました。

これはキリスト教が禁止されている中で長崎と天草地方において、一般社会や伝統的な宗教と

共存しながら潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる伝統のあかしの遺産群だそうです。

 

世界自然遺産は2011年に「小笠原諸島」が登録されています。

もしかしたら来年に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が登録されるかもしれません。

 

イモトアヤコが秘境ギアナ高地に挑戦!有名な滝やアニメにも登場!
ギアナ高地、聞いたことありますか? ざっくりいうと南米にある高地です。 僕は昔、アフリカ大陸にあるのかなと勝手に思っていました(笑) けっこうな秘境らしいのですが、そこにお笑いタレントのイモトアヤコさんが挑戦するみたいです...
ちょっと一言

世界遺産かあ、まだどこにも行ったことないや

私は京都になら行っことがあるよ

コメント