女優松島トモ子は母の介護生活、過去にはライオンに襲われたことも

TV番組

女優の松島トモ子さん。

ミネラル麦茶のCMでも存在感を出していましたね。

過去にはライオンやヒョウに襲われたこともあり、番組でネタにされることもありました。

 

そんな松島トモ子さんですが、5月31日放送の「爆報!THEフライデー」に出演し、

衝撃の告白をするそうです。

どんな告白なのでしょうか?

ライオンに襲撃されたこととともに少し調べてみました。

介護関係の告白みたいだよ

松島さんもご高齢だよね、ということは老老介護になるのかな

松島トモ子

生年月日 1945年7月10日

出身地 旧満州・奉天

身長 155cm

デビュー年 1949年

所属事務所 松島トモ子事務所

 

松島さんは1歳の時に満州から日本に母ともに引き揚げました(父はシベリア抑留で死去)

3歳からバレエを習始め、4歳の時に映画館のニュース映像で「小さな豆バレリーナ」として

取り上げられ、映画関係者からスカウトされ映画「獅子の罠」でデビューとなります。

その後は人気子役として約80本もの映画に出演し、歌手としても1953年に「村の駅長さん」でデビュー

し、映画主題歌や童謡、ポピュラーソングなどを歌い活躍。

19歳になるとミュージカルの勉強のためニューヨークのザ・マスターズスクールに留学。

卒業後も歌やモダンダンスを学び、帰国後はミュージカルの舞台、英語で司会ができるタレント

として活躍します。

テレビ番組でも「あの人は今!?」のレポーターや「午後は○○おもいッきりテレビ」など

に出演していました。

CMの方も有名な石垣食品のミネラル麦茶のCMに昭和57年から出演されています。

 

現在もコンサートを開催したりと現役で活躍中です。

介護

松島さんには98歳になるお母さんがいます。

しっかりしていておシャレだったお母さんに変化が見えたのは95歳のころ。

95歳の誕生会の時、お客さんの話に無関心で食事を食べ続けるお母さんの様子がおかしく

心配して声をかけると突然失禁してしまったそうです。

松島さんは急な出来事で絶句してしまいます。

それからお母さんは乱暴な言葉が増えたり、物を投げつけたりと変わってしまい

松島さんもストレスから過呼吸に陥って病院に運ばれパニック障害と診断されたこともありました。

 

心が折れ仕事も休むことになった松島さんですが、病院を変え認知症の専門医の診断を受けたことで

明るい兆しが見え始めます。

そこで「レビー小体型認知症」と診断され、薬を飲むことによりお母さんの症状が

改善してきたのです。

落ち着いたとはいえ現在も家庭での介護が続いているようですね。

たのまな

ライオンに噛まれる

松島さんはライオンにかまれた女優としても有名です。

1986年、ドキュメンタリー番組の撮影でケニアでライオンと暮らしているジョージさんに取材に行きました。

ジョージさんが野生のライオンが7頭いるところに歩いて行ったので後をついていくと子ライオンが。

松島さんが子ライオンを見つめていると後ろにいた親ライオンに襲われ、頭に痛みを感じ気絶。

頭をかみつかれたまま10メートルほど引きずられ、大量出血したそうです。

 

その後現地で10日間入院を言い渡されますが、3日間入院して仕事に復帰。

すると10日後、今度はヒョウにも襲われてしまったのです。

フランスで飼われていたヒョウを自然に戻すため、上の部分が覆われていない4メートルほどある

柵のなかで飼ってていたのですが、その柵を飛び越え松島さんに襲い掛かってきたのです。

首にかみつかれ首の骨が砕ける音を聞いた松島さんは死を覚悟したとか。

 

病院に運ばれ「第4頸椎粉砕骨折」と診断されましたが、何とか命は助かりました。

なんでもあと1ミリずれていたら助からなかったとか。

しかもこの怪我で生き残っている人は大変まれだったため、ニューヨークの学会で発表されたそうです。

 

後に「トリビアの泉」や「クイズ☆タレント名鑑」などいろいろな番組でネタにされますが

命が助かったから笑い話になっているんですよね。

人生ってほんの少しのことで変わるんだと改めて思いました。

 

1967年、上野動物園でアジア象が逃走!連れ戻した方法とは?
ゾウさん、、象といえば今も昔も動物園の人気者です。 子供たちからの人気も絶大ですね。 大きな体で長い鼻を使い、果物だ度を口に運ぶ姿がとても愛らしくてたまりません。 そんな象ですが、1967年の上野動物園でア...
ちょっと一言

今の若い人でもライオンに襲われた人って知っているかもしれないね

語り継がれているもんね(笑)

コメント