千葉県で大量繁殖している謎の生物キョン、そのきっかけはテーマパークにあった?

TV番組

9月18日には

凶暴スズメバチ&巨大猛獣vs日本No.1スゴ腕!危険生物バスターズ2」が

が放送されます。

 

そこで「千葉から都心に大繁殖…謎の迷惑生物!?」が

紹介されるようです。

千葉で大量発生を続けるという謎の生物。

もしかしたらキョンのことかもしれません。

 

千葉県で大量発生したということが

話題になっていたことがありましたし。

 

ではキョンとはどのような生き物なのでしょう?

少し調べてみました

 

キョン?

かわいい響きだけど

キョン

キョンは中国と台湾に分布する小型のシカ

体重は10キロほどで小型犬のような

大きさです。

 

日本では特定外来生物に指定されていて

許可なく飼ったりすることはできません。

キョンは草食で

一年で約36パーセント増えるともいわれている

驚異の繁殖力で数が増えています。

なぜ増加?

千葉県の勝浦市には昔行川アイランドというテーマパークが

ありました。

1964年に開園した行川アイランドはフラミンゴショーなどが

有名でしたが入場者数の減少などから2001年に閉園。

最寄り駅だった行川アイランド駅も無人駅となり

利用する人が少ないことから秘境駅と呼ばれる

こともあるそうです。

 

行川アイランドではキョンを放し飼いのような感じで

飼育していて脱走したこともあったそうです。

閉園時にも脱走があったのかもしれません。

 

その脱走したキョンは1980年頃には野生化し初期の駆除に失敗。

その繁殖力から

現在は5万匹以上にもなっているのだとか。

対策は?

千葉県の房総半島南部ではキョンが大繁殖し

被害も出ています。

東京の方にも近づいているのだとか。

 

 

14年間でキョンの数は50倍にも増え

山から下りてきて農作物を食べたり

民家の草花などを食べる被害が出ているそうです。

 

ハンターや罠を仕掛けたりもしていますが

数が多く、なかなか駆除も進まないみたいですね。

2021年度から千葉県は5年間の防除実施計画を策定。

「分布拡大防止ライン」を設定しライン付近で集中的に

捕獲を開始。

年間8500匹の駆除を目指しているそうです。

 

作戦はうまくいくのでしょうか?

このまま繁殖を続けると10年後には100万匹を

超える恐れもあるそうです。

 

【ありえへん】千葉県船橋市の真ん中にあるミステリーサークルの正体とは?
12月21日の「ありえへん∞世界」では 「千葉スペシャル」があり そこで「千葉県の船橋市には都会のど真ん中に 巨大なミステリーサークルがある事件」が放送されるようです。 ミステリーサークルというと昔よく畑など...
ちょっと一言

見た目はかわいいんだけどね

数が増えすぎると生態系も崩れるもんね

コメント