【世界まる見え】施工から13年たっても完成しないドイツの空港とは?

TV番組

9月23日放送の「世界まる見え!謎解きミステリークイズSP」では施工から13年たっても

ドイツの空港が紹介されます。

総工費が2600億円もかかり、2012年に開港予定でしたが7年たつ2019年になっても開港していないのです。

 

ドイツと聞くと真面目で期限ピッタリに完成させそうなイメージがありますが。

なぜなのでしょうね?

 

この空港はドイツのベルリン・ブランデンブルク国際空港

ベルリンといえばドイツの首都でもある、大都市です。

なぜこのベルリン近郊の空港が開港されないのか、少し調べてみました。

 

開港予定から7年もたっているんだって

2020年10月から開港って言ってるけど大丈夫なのかな?

ベルリン・ブランデンブルク国際空港

 

東西ドイツ統一後に1934年に開業したベルリン・シェーネフェルト空港を

ベルリン最大の空港として拡張する計画が立てられます。

南側に滑走路・施設などを追加し、ベルリン・ブランデンブルク国際空港として再開港するのですね。

 

当初2006年に建設を開始し、2012年に開港の予定でした。

しかし、メディアから「恐怖の建築現場」と呼ばれるように工事が遅れているのです。

 

空港拡張プラン

まず、開港の予定が狂ったのは新たな空港拡張プランからでした。

施設を拡張しショッピングモールを作り、2階建て大型旅客機「A380」の離着陸が

できるように滑走路を整備すると決まります。

どこの航空会社もA380をベルリン・ブランデンブルク国際空港に飛ばすとは発表していないのにです。

 

この空港拡張プランにより、建設中の空港は再設計をしないといけなくなりました

それは階段やエレベーター、出口や窓などいくつもの改築を余儀なくさせるものだったのです。

 

2009年、建築現場の規模は20万平方メートルから35万平方メートルまで拡大されました。

工事は7社の土建会社と数百の下請け会社に分配され、追加工事の続出により様々なトラブルを抱えていきます。

 

防火システムの不備

2011年10月、査察団が開業のリハーサルや防火対策のチェックのために訪れました。

このような巨大な空港で火災が起きると大惨事になりかねません。

防火設備は最も大切なチェック項目でしょう。

 

この査察により判明しますが、ベルリン・ブランデンブルク国際空港の防火設備は

めちゃくちゃだったのです。

 

一部の火災警報器は全く作動しなく、作動する警報器も違うターミナルで音がなったりしたのですね。

この原因は急ピッチで敷いた長さ100キロもある絡まったケーブルでした。

加熱ケーブルのそばに高圧電源ケーブルがあり危険だったり、煙排出ダクトも全く機能しなかったのです。

この調査結果により電機関連会社のシーメンスとボッシュ、空港運営会社の間で責任転嫁が始まったといいます。

 

空港の社長と特別委員会は空港の防火システムに対し、革新的な応急処置を考案します。

それは空港内に携帯電話を持たせたアルバイトなど800人を設置し、煙を感じたら

空港の消防署に報告するという方法です。

もちろん許可はおりませんでした。

 

2012年5月、開港の4週間前に空港のシュワーズ社長は記者会見で「開港期限を守れません

と発表することになりました。

その後もたびたび延期が続き、現在は2020年10月に開港予定と発表されています。

工費も当初計画の20億ユーロから70億ユーロに膨らむ見通しとのことです。

 

橋本環奈がドイツのハノーファーへ、在住の叔母はパイプオルガン奏者
女優の橋本環奈さん。 バラエティにドラマに映画にと大人気ですよね。 最近だと映画「銀魂」やドラマ「今日から俺は」など福田雄一監督の作品に たくさん出演されている印象があります。 1000年に1人の逸材といわれ...
ちょっと一言

無理な工事だったのかな?

途中での変更が多かったみたいだね

 

コメント