女優倉科カナは写経に夢中?今までで一番つらかった一人〇〇とは?

TV番組

 

5月5日の「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」では

「女優ヤバイ私生活SP」が放送されます。

 

そこで登場するのが女優の倉科カナさん。

笑顔が素敵で友達も多そうですが、実は友達がいなくて

心の闇もあるのだとか。

 

そして、いろいろな一人〇〇をしているそうです。

何でも一人で楽しむことができる倉科さんですが、つらい一人〇〇の経験もあるとのこと。

何がつらかったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

一人焼肉とかいろいろあるね

なにがつらかったんだろう?

倉科カナ

 

倉科カナさんは1987年に熊本県で生まれました。

 

高校3年生の時に「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞しますが

学業優先のため、高校卒業後に上京しタレント活動を開始します。

 

2006年に「ミスマガジン2006」でグランプリに選ばれた後はグラビアを中心に活動し

2007年に深夜のミニドラマ「根津サンセットカフェ」で女優デビュー。

 

2009年にはNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロインをオーディションで勝ち取り

女優と中心とした活動に入っていきました。

おひとり様

倉科さんは複数人で行動するのも好きですが、人とスケジュールを合わせるのが面倒くさく

そのために何でも一人でやってしまうそうです。

 

今ハマっているのは一人焼肉からの一人カラオケ

かなり、おひとり様生活を満喫しているようですね(笑)

まあ、本人が楽しめれば一人だろうが何人だろうがいいと思いますが。

 

でも、外に出ずに夜な夜な自宅で写経に没頭することもあるのだとか。

前に写経そする女子が流行っているというのを見たことがありましたが。

倉科さんもそうなのでしょう。

リラックスできるらしいですね。

 

ハイスピードプラン

一番つらかった一人〇〇

一人〇〇を極めているとも思える倉科さんですが、つらかった一人〇〇もあったのだとか。

 

それは一人ハワイ旅行の時の出来事。

そこで一人フランス料理のコースを体験した時がきつかったそうです。

周りは家族連れやカップルばかりだし、とくにオマール海老のスープの時に

目の前でフランベされたことが一番つらかったのだとか。

 

篠原涼子を歌手から女優へ転身させた挫折とは?ダウンタウンとの関係は?
4月15日放送の「1周回って知らない話 春の2時間SP」では女優の篠原涼子さんが出演されます。 現在は大女優になった篠原さん。 もともとはアイドルでバラエティ番組などにも出演していて それからミリオン歌手と...
ちょっと一言

ちょっとリアクションが気まずかったのかもしれないね

一人カラオケ挑戦したい

コメント