【仰天ニュース】事故で下半身マヒとなったコウキとアラシの物語とは?【メインハイ】

TV番組

1月5日には「ザ!世界仰天ニュース4時間SP」が放送されます。

 

その中で「夢をかなえた同級生芸人」というエピソードが紹介されるそうです。

コウキさんとアラシさんは高校卒業後、お笑い芸人になることを夢見ていました。

しかし、コウキさんは事故により頸椎を損傷。

下半身が動かなくなり、車いすでの生活となってしまったのです。

 

そのため夢をあきらめていたコウキさんですが、親友のアラシさんは

夢をあきらめていなくて驚きの提案をしたのだとか。

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

芸人になったの?

何をしているのかな

コウキの怪我

 

コウキさんとアラシさんは1994年生まれで滋賀県出身の同級生。

幼稚園の時からの大親友で将来は芸人になろうと約束をしていました。

遊ぶことが大好きだったコウキさんは中学生の時は登校日の3分の2は遅刻か欠席をしていたのだとか。

二人は高校も同じ高校に進みます。

 

しかし、高校2年生の夏休み。

コウキさんの運命を変える出来事が起きたのです。

 

その日は夜、友達5人くらいで家でゲームをしていたそうです。

夜中の3時くらいに友達の一人が「暑いからプールにいかん?」と言いました。

このプールというのは小学校のプールに侵入すること。

コウキさんが「この時間にプールに行って警察に捕まったらいやや」と答えると

帰ってきた返事は「ノリ悪っ

 

この言葉で意地になったコウキさんはプールに行くことになり

一番に頭から飛び込みます。

「ゴン!」

プールには水が張ってなかったのです。

頸椎損傷

コウキさんが気が付いた場所は病院の集中治療室でした。

診断結果は頸椎損傷

 

コウキさんは自分の状態に気づいていなく集中治療室でずっと看護師の人と話していたらしいのですが

その時の会話で「退院したら一緒に焼き肉に行こうや」という話になり

いいよ、これからの世の中車いすでどこでも行けるからね」と返答され

自分はこれからずっと車いすなんだと涙が出てきたそうです。

 

そこからはリハビリをして病院や施設を転々としていきます。

一人暮らしは半分あきらめていましたが、同じ障害レベルの下地さんという人が

自由に暮らしていてその人の話を聞いて、一人暮らしをはじめ自立生活センターで働くこととなりました。

 

働き出して3年くらいたったある日、親友のアラシさんが「芸人ならへんか」と飲んでいた時に言ったのです。

コウキさんはあきらめかけていましたが、アラシさんに「障害をネタに濵田祐太郎さんは実力で

R-1ぐらんぷりを勝ち取ったやろ」と説得され芸人を始めることになりました。

 

 

wowow

現在は?

コウキさんとアラシさんは上京し「メインハイ」として2019年にアマチュアでM-1グランプリに出場

残念ながらネタが飛び、1回戦敗退となってしまいました。

 

芸人として時間のある二人はユーチューバーとしても活動することとなり

同じく同級生だったユウタさんも加わり「メインハイチャンネル」で

たくさんの動画を公開しています。

 

ユウタさんとアラシさんは重度訪問介護の資格を取得しているそうです。

 

ラグビーで頸椎を損傷、約束だった富士山に登頂した杉田秀之とは?
現在、日本で開催されているラグビーワールドカップが盛り上がっていますね。 普段、ラグビーをあまり取り上げないテレビも今はラグビー関係の話題も増えています。 9月26日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」でもラグビー...
ちょっと一言

資格も持っているんだね

旅での介助もしているだろうしね

コメント