【逆転人生】体重103キロ、コンプレックスを脱ぎ捨てた羽林由鶴とは?

TV番組

10月28日放送の「逆転人生」は(さようならコンプレックス 体重103キロの幸せ大逆転)

ということで羽林由鶴さんが登場します。

 

羽林由鶴さんは現在、恋愛カウンセラーとして活躍中ですが

過去には太った自分をダメ人間だと思い続け、将来を諦めていたり

結婚後にはひどいDVを受けていたこともあったそうです。

 

現在は恋愛カウンセラーとして活躍していて、13歳年下の旦那さんとも幸せな結婚

を送っているのだとか。

どういうことがあったのでしょうね?

 

少し調べてみました。

正反対に変わったのかな?

変わるきっかけがあったのかな?

羽林由鶴

 

羽林さんは1965年生まれの埼玉県大宮市出身です。

 

子供のころは口も達者で何でもできる子で学校ではリーダー格でもあったのだとか。

食事はよく食べ体はどんどん大きくなっていきます。

小6で体重が60キロを超え、中学卒業時には70キロ。

高校時代は、単品ダイエットが成功しましたが、リバウンドを繰り返し

大学卒業時には84キロになっていました。

 

小さなころから体重測定が嫌で、周りの保護者の「大きいね」という声

そして、父親からのいじりなどにも傷ついていたようです。

 

ダイエットにも挑戦しますが、失敗を繰り返し

恋人もできましたが、嫌われることを恐れなかなか先には進めず

大学生の時にアメリカにホームステイし、自分よりも太っていた人が多かったために

外国人なら体系を気にしないかもと国際結婚を決意したそうです。

DV

24歳の時に1歳年上のアジア系外国人と結婚します。

知人の紹介からだったそうですが、この時は相手のことをよくわかってなかったようです。

 

結婚後、いきなりマグカップが飛んできたり、釣った食事を投げ捨てられ5回も作り直させられるなど

DVが始まります。

接的な暴力はなかったそうですが、「殺すぞ」と脅されるなど精神的な暴力を受けたのです。

子供ができても旦那は変わることなく、羽林さんは円形脱毛症になり、過食やうつに悩まされることになります。

 

旦那がなぜキレルのかわからなかったそうですね、キレルスイッチが。

 

そこで意を決して、メンタルヘルスクリニックでカウンセリングを受けることにしたのです。

機嫌がいいときに旦那を連れて。

 

カウンセリングでは「あなたの話には夫や子供がばかりで自分がない。

旦那を変えるのは自分のエゴ。あなたが今のままなら旦那はどんどんひどくなる

あなたが変わればいいことです。」と言われ衝撃を受けます。

 

その後、自分を取り戻すカウンセリングをはじめ、修羅場を潜り抜け離婚が成立。

その時「私は」というのを意識して話したり行動したりなどの

日常の中での小さな意識改革の積み重ねで、なぜかモテルようになっていたそうです。

 

music.jp

現在は?

離婚後の3年間で5人の男性からプロポーズをされました。

その中には大学院卒業を控えた現在の夫もいて、2004年に再婚

 

現在は財団法人の教育研究所出版部門にて17年間勤務し、独立後は心理カウンセラーとして活躍しています。

 

羽林さんによると、現代は「自信信仰」がある。

自信さえあればすべてうまくいくと思われているような気がするとのこと。

しかし、ダイエットなどで自信をつけることばかリに翻弄され前に進めないなら

そのままの自分でやりたいことに一歩踏み出す勇気を持ち、少しずつ人間関係を築いていく。

 

すると自信もついてくるのでは?とのことでした。

 

【仰天ニュース】女医日比野佐和子が糖質制限ダイエットでなった命の危機とは?
ダイエット。 現代では男性も女性も考えている人は多いでしょう。 ダイエットにも様々な種類のダイエットがあります。 りんごダイエット、ストレッチダイエット、ラップ巻きダイエット。 なかでも近年話題なのが糖質制限...
ちょっと一言

自信は付けようとしないで後からついてくるということかな?

前に進もうってことだろうね

 

コメント