アメリカでブーム!こんまりこと近藤麻理恵のときめき片付け術とは?

TV番組

11月7日放送の「世界一受けたい授業2時間SP」では

こんまりこと近藤麻理恵さんが登場します。

 

こんまりさんは日本で片付けの本を出版していて名前を聞いたことがありましたが

アメリカでもブームになっているのだとか。

アメリカにもこんまりの片付け術が届いたのですね。

どういった経緯でブームになったのでしょう?なにがあったのでしょうか?

 

片付けようと思っても部屋の中には物がたまってしまいがち。つ

い物を取っておいてしまうんですよね。

こんまりさんの方法には手放しにくい物を捨てるコツがあるそうです。

どういうコツなのでしょう?少し調べてみました。

 

なかなか物を捨てないからたまる一方だよ

断捨離とかできないよね

こんまり(近藤麻理恵)

近藤麻理恵(こんどうまりえ)さんは1984年生まれで東京都出身。

 

5歳のころから主婦向けの雑誌「ESSE」を愛読し幼いころから

片付けに興味を持っていました

その後も片づけを研究し、東京女子大学在学中から片付けのコンサルティング業を開始

 

大学卒業後はリクルートエージェントに就職しましたが

2009年に退職し、コンサルタント業に専念。

2010年には「人生がときめく片づけの魔法」を出版し

「中居正広の金曜日のスマたちへ」などテレビにも出演、2013年にはドラマ化もされています。

 

2014年には結婚、それからアメリカに拠点を移しました

アメリカでKonmariブーム

2014年に英語版「人生がときめく片づけの魔法」を発売。

現在、こんまりさんの書籍の売り上げは1200万部を突破しているそうです。

 

アメリカや世界でも話題となりましたが、一番影響が大きかったのは

2019年にNetflixでスタートした番組「KonMari—人生がときめく片づけの魔法—」でしょう。

世界、190か国で放送され、2019年Netflix全米ドキュメンタリー部門1位を獲得しました。

SNSにはKonMariがあふれ、リサイクルシュップに大量の不用品が集まるなど大きな影響を与えた

そうです。

 

日本では学校で掃除や整頓をしたりしますが、アメリカではそれがなく掃除をできない人も多く

この番組に影響を受けた人が多いのだとか。

新しい家具を買うのではなく、掃除で生活を変えるという発想もアメリカでは斬新だったようですね。

 

さらに片付け術をアメリカ流にローカライズし、日本の精神性や神秘性を打ち出した番組作りも

成功の秘訣だったそうです。

 

ハイスピードプラン

手放しにくい物を捨てるコツ

こんまりさんは服や本などカテゴリー別にまず床に並べ

この時に出てこないものは捨てるということを決めるそうです。

すると必死に探し、物の量が実感できるのだとか。

 

そこから物を手に取り触ったときに「ときめくか」「ときめかないか」で

捨てるものを判断するそうです。

 

その後の片付けは短気に一気に進め

「保留」や「後回し」はNG。

一気に片づけることで部屋の様子が激変し、片付けの成果を自分に

印象付けられ、片付いた部屋を維持しようとするモチベーションになるそうです。

たしかに少しずつの片付けだと変化が見えにくいですからね。

 

番組でどのような話が聞けるのか楽しみです。

 

【ノブナカ】ゴミ部屋に住むお嬢様加藤悠(HARUKAZE)とは?コウメ大夫の元恋人?
10月10日の「ノブナカなんなん?」では「大クセ女 初回SP!」が放送されます。 この番組は千鳥のノブさんと弘中綾香アナウンサーがおもわず「なんなん?」と 言ってしまいたくなる人々の生活をのぞき見して大突っ込みしていくバ...
ちょっと一言

一気にやらないといけないんだよね

ダラダラだとまた今度になるもんね

コメント