二つ星天ぷら職人近藤文夫はオバマ大統領を断った?現代の名工にも

TV番組

 

5月3日放送の「情熱大陸」では天ぷら職人の近藤文夫さんが登場します。

 

天ぷらに向き合って50年。

本物の天ぷらを伝え続けることにこだわっている近藤さん。

 

近藤さんの店「てんぷら近藤」は銀座にありますが、なんとミシュランガイドで

12年連続で二つ星を獲得し続けている名店で、世界各国から予約が殺到しています。

 

そんな近藤さんですが、オバマ大統領のための外務省の打診を

断ったことがあったそうです。

なぜ断ったのでしょう?

近藤文夫さんのこととともに少し調べてみました。

 

なにかあったのかな?

宣伝にもなるし、なかなか断れないよね

近藤文夫

近藤文夫さんは1947年に東京都で生まれます。

 

商業高校を卒業後、「料理人になれば食いっぱぐれることはないだろう」と考え

山の上ホテルの面接後、「てんぷらと和食山の上」に配属されました。

 

当時は天ぷら職人の先輩が独立していなく、天ぷらを独学で勉強したため

師匠はお客さんなのだとか。

23歳で料理長に抜擢されると野菜の天ぷらを積極的に取り入れるようになります。

その時代は野菜を揚げるのは「総菜屋」という時代で

「野菜を食いに来たんじゃない」などお客さんから叱られることもありましたが、信念を貫く

ことによって「てんぷらと和食山の上」は月商100万円もいかないことがあったのに

最終的には年商3億円の店に成長しました。

 

1991年に「天ぷらをもっと世の中に広めたい」という思いから独立。

銀座に「てんぷら近藤」を開店。

2009年以来ミシュランガイドで星を取り続け、国内外からたくさんの客さんが来ています。

オバマ大統領を断った?

近藤さんはオバマ大統領が来日した時の外務省からの打診を断ったことがあったそうです。

なぜなのでしょう?

 

実はその日には90人もの予約が入っていたのですね。

なので、もし出張して調理することになると店を閉めなきゃいけなくなるので断ったの

だそうですよ。

いくら大統領のためとはいえ、予約客を帰すわけにはいかない」という気持ちがあったのでしょう。

現代の名工

近藤さんは2019年、厚生労働省が表彰する各分野で卓越した技能を持つ

現代の名工」の一人に選ばれました。

1967年に始まった「現代の名工」で天ぷら職人の選出は初めてで

特に薄い衣で揚げる腕前が評価されたそうです。

 

【逆転人生】金子友則のとんかつ店まるかつが逆転に利用したSNSの使い方は?
4月27日放送の「逆転人生」では「SNSがつないだとんかつ店の奇跡」が放送されます。 金子友則さんが奈良県で営むとんかつ店は店の立地に悪条件が重なり お客さんが全くというほど入らずに借金が5000万円まで膨れ上が...
ちょっと一言

飲食関係はコロナで大変だろうね

海外からは収束しないと来られないしね

コメント