【ガイア】エンタメパン屋小麦の奴隷とは?ホリエモンが発案でザックザクカレーパンが人気

TV番組

4月30日放送の「ガイアの夜明け」では

「頼みの綱は…美味しいパン!」が放送されます。

 

現在、パンブームが続いているのだとか。

そこでおいしいパンを武器に新たな経済圏を作ろうとしている人たちがいるそうです。

 

その中でカレーパンを武器に地方を活性化する起業家の人もいて

その企業とは株式会社こむぎのが展開する新地方活性型ベーカリーブランド「小麦の奴隷」みたいですね。

この「小麦の奴隷」発案者はホリエモンこと堀江貴文さんのようです。

 

どのようなところなのか少し調べてみました。

 

ホリエモン発案なんだ

地方活性化できたらいいね

小麦の奴隷

小麦の奴隷」は2020年春に北海道の大樹町で開業。

 

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)の、サロンコミュニティから堀江さんの声かけによって

生まれました

「田舎でオシャレなパン屋FCを展開するビジネス誰かやらない?」という堀江さんの言葉に

整体師や役者経験がある橋本玄樹さんが手を上げ

開店資金をクラウドファンディングで募り、夫婦で大樹町に移住し開業。

 

大樹町は人口5400人ほどの小さな田舎町ですが、ロケットの打ち上げなども行われており

将来の可能性からこの街に店を開いたそうです。

出店ラッシュ

「小麦の奴隷」は地方活性化のためいろいろな場所に出店するようです。

大樹町の一号店はすぐに人気店となり、注目を浴びたため

2020年9月からパートナー募集を開始

 

100件を超える加盟希望が来て全国への出店を始めました。

4月30日には沖縄県に4号店がオープンし、5月には福岡県北九州市にも

オープン予定です。

ザックザクカレーパン

お店で一番人気なパンはざっくざくな食感と十勝のジャガイモがたっぷり入った

ザックザクカレーパン

 

カレーパングランプリ2020では金賞を受賞しています。

大樹町では3か月で1万個を売り上げた名物商品なのだそうです。

 

【逆転人生】民間ロケットとして初めて宇宙に到達した企業の社長稲川貴大とは?
12月2日の「逆転人生」では(宇宙到達!民間ロケット)として インターステラテクノロジズ株式会社社長の稲川貴大さんが登場します。 インターステラテクノロジズ株式会社は民間単独で日本で初めて宇宙に 到達するロケットを...
ちょっと一言

すごくおいしそう

北九州にできたら一度行きたいなあ

コメント