【アンビリバボー】ココイチで一皿のカレーを彼女と分けた若山陽一郎は出会いもあり現在社長に

TV番組

5月27日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」では

感謝の気持ちが奇跡を起こす!ありがとうSP」が放送されます。

ありがとうの言葉は魔法の言葉。

少しの勇気を出し、優しさを見せることが奇跡を起こすこともあるのです。

 

今回はカレー屋で一皿のカレーを彼女と分け合った男性に

起こった奇跡が紹介されます。

 

男性は手持ちがなく一皿のカレーを彼女と分け合いますが

その時に対応してくれた店員に感動しアンケートを書くと

思いもよらない人物から返信が来たのだとk。

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

一杯のかけそばっていう話もあったね

一皿のカレーだね

カレーハウスCoCo壱番屋

若山陽一郎さんは2002年、23歳で岐阜県から上京。

貯金はほとんどなく、幼馴染のマンションに居候したり仲間と3人で部屋を借りたりしていて

電車賃もなく、試食で食いつないでいた時期もありました。

 

ある時、岐阜県から彼女が会いに来てくれました。

しかし、お金は集めても400円しかありません。

歩いていると吉野屋とココイチことカレーハウスCoCo壱番屋を発見。

彼女が牛丼よりカレーが好きだろうとココイチに入り

ポークカレー一皿を頼みました。

 

「二人で分けます」と注文し恥ずかしかったそうですが。

店員さんは笑顔で

「はい、ポークカレーですね。取り皿もお持ちしますね。少々お待ちください」という

丁寧な返事を返してくれたのです。

 

若山さんはこの店員さんが褒められたらいいなとアンケートを書き

感謝の言葉だけでなく、自分の話や接客の様子など自分の想いを乗せました

社長から返事

それから1か月ほどすると、ココイチからの封筒が家に届きました

 

封筒の中には手紙が入っていて

「お客様のはがきを読み、胸が熱くなりました。

自分も貧乏をしていた時代があるので、お客様の気持ちはよくわかります」

「夢を諦めないでください。くじけそうになったらまたココイチに来てください。

いつでも温かいカレーを作ってお待ちしております」

ココイチの創業者の宗次徳二さんからの手紙だったのです。

さらに3000円分の食事券も入っていたのですね。

現在は?

それから8年後、若山さんは不用品回収の仕事をしていました。

 

愛知県一宮市に住む得意先の女性とココイチでカレーを食べていると

当時を思い出し、女性に手紙が届いたことを話します。

すると女性は「さすが、あの宗次さんだわ」と涙を流したのです。

一宮市はココイチの本社があり、宗次徳二さんは有名だったのですね。

 

食事の後、紡績会社を訪ね会長にもその話をすると

「その話の続きは?君は大事なことを忘れている。なぜ、宗次さんにお礼を言わない。

とアポイントを取ってくれ

事務所に向かい、宗次徳二さんに8年前のお礼を言いました

 

宗次徳二さんはこのことを覚えていてくれ、手紙をもらってからの自分の人生を話すと

あの時の君への3000円の投資は大成功だった。

こんな形で会いにきてくれて、大いにもうかったよ。逆にありがとう

と言ってくれたのですね。

若山さんは感激し「あなたのような若者に夢や希望を与えるビッグな男になりたいと思います」

と伝えました。

 

現在若山さんは和愛グループの社長となり

カンボジアに学校を作るためのボランティアや講演活動なども行っているそうです。

 

【ニッポン行きたい人応援団】大衆食堂を愛してやまないメキシコ人ペドロとアイメの旅とは?
4月5日の「月曜プレミア8 世界!ニッポン行きたい人応援団」では 「ご招待したら人生が変わっちゃった!感謝のビデオレター」が 放送されます。 そこでは2年前にニッポンにご招待したメキシコ人カップルからビデオレターが...
ちょっと一言

すごい縁だね

出会いがあって頑張れたのかも

コメント