大人気美女レスラー木村花の母親は元レスラーの木村響子、イノシシとタッグ?

TV番組

 

2月4日放送の「その他の人に会ってみた」では人気美女レスラーの

木村花さんが登城します。

リアリティショーの「テラスハウス」も出演でも話題となっていますね。

 

その木村花さんのお母さんも実はプロレスラーだったんだとか。

お母さんから話を聞いて女子プロレスラーを目指したのかもしれませんね。

 

そのお母さんですが、現役引退後の現在はイノシシとタッグをくんでいるのだとか。

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

かわいいと話題になってたみたいだね

イノシシとタッグってどういうこと?

木村花

 

この投稿をInstagramで見る

 

りょかん #STARDOM

木村花(HANA)(@hanadayo0903)がシェアした投稿 –

 

木村花さんは1997年にプロレスラーのお母さんとインドネシア人の父親の間に生まれます。

小学生低学年のころから母の試合を身にプロレス会場に出入りしていたそうです。

でも、小学校高学年から高校生まではしばらくの間試合会場から

遠ざかっていたみたいですね。

 

高校入学後には試合会場の母の売店を手伝うことでプロレスとの接点が戻ってきます。

その後、母から勧められ2015年WRESTLE-1が設立したプロレス専門学校「プロレス総合学院

に1期生として入学。

デビュー後は各団体で試合をし、2019年月1日付でスターダム入団を発表しました。

 

その後、人気番組テラスハウスTOKYO 2019-2020に出演。

プロレス界にとどまらない人気となっています。

木村響子

 

木村花さんの元プロレスラーというお母さんは木村響子さんです。

木村響子さんは2002年にJWP女子プロレスに入門。

2003年にデビューを果たします。

 

2011年にはパンクラス新宿大会で総合格闘技初挑戦し

プロレスはフリーで各団体に参戦していきました。

 

2017年に現役を引退しています。

イノシシとタッグ?

 

木村響子さんとイノシシのタッグとはどういうことなのでしょう?

 

木村響子さんは現役引退後は運転免許を取得しピンクの猫バスを購入。

キッチンカーで移動販売をしているのですね。

 

お店の名前は「ピンクの猫バス

そこでイノシシの料理が出るからタッグを組んでいるということなのでしょう。

レスラーの人にもお客さんにも大好評なのだそうですよ。

 

ちょっと一言

そういう意味だったんだ

レスラ-の人たちもお客さんも知っている人が多いだろうね

 

コメント