2017年におこった金正男暗殺事件の詳細が明らかに?どんな事件?

TV番組

9月22日放送の追跡ドキュメントバラエティー「シンジジツ」ではいろいろな騒動

の新事実が語られるそうです。

 

なかでも興味深いのは金正男氏暗殺事件の新事実。

今回の番組では実行犯のインタビューに成功したのだとか。

世界初のことだそうです。

 


この事件は実行犯はすぐにつかまりましたが、供述が変わっていたことも話題になったんですよね。

ではどういう事件だったのでhそう?

少し調べてみました。

 

ドッキリって言ったんだっけ?

今回は新たな新事実は出てくるのかな?

金正男

金正男氏は1971年に平壌で生まれます。

北朝鮮の第2代最高指導者金正日総書記の長男でした。

 

学生のころは北朝鮮を出て、ソビエトのモスクワやスイスなどに留学、コンピューターに触れ

1988年に北朝鮮に帰国した後は、17歳でコンピュータ委員会委員長に就任

北朝鮮のITのインフラを整えたそうです。

 

しかし、北朝鮮では世間から隔絶された暮らしや体制に疑問を覚えることもあり

父親である金正日総書記に意見を出したりもしていたとか。

 

その後は朝鮮人民軍の大将や秘密警察の責任者となったあと、一族の資金管理をし株式や不動産などに

投資をしていたといわれています。

 

2001年には成田空港でドミニカ共和国の偽造パスポートをもって妻子とともに入国しようと

したところを拘束されます。

なんでも「ディズニーランドに行きたかった」のだとか。

こんな出来事もあり、日本でのネットの中では愛されキャラのような存在でもありました。

ただ、この不祥事により、後継者レースから外されたといわれています。

 

それからはマカオなどで活動していたようです。

 

暗殺事件

2017年2月1日、金正男氏はマレーシアのクアラルンプール国際空港でマカオ出国のために

手続きをしていました。

自動チェックイン機を操作していると女性2人に襲われたのです。

二人は手に塗った液体を金正男氏の顔に塗りつけたのですね。

 

すると金正男氏は体調を崩し、目が痛いなどと訴え医務室に運ばれますが

病院に運ばれる途中の救急車で急死してしまったのです。

実はこの液体は猛毒の神経剤であるVXガスでした。

犯人逮捕

犯人は初めは北朝鮮の女工作員であると思われていました。

 

逮捕されたのはベトナム国籍の女とインドネシア国籍の女とマレーシア在住の北朝鮮国籍の男

なんと、女性2人は暗殺という意識はなくて「ドッキリ番組だと思って実行した」と供述したのですね。

弁護士によると北朝鮮の工作員に騙されて、数日前からテレビ番組ということで似たようなドッキリを行っていて

報酬をもらっていたので特に疑わなかったとのことでした。

 

裁判では

マレーシア在住の北朝鮮の男は証拠不十分の後、国外退去処分。

インドネシア国籍の女性は2019年3月に起訴が取り下げられ釈放。

ベトナム国籍の女性は禁錮3年4月を言い渡され、拘留などによる刑期短縮もあり刑期を終え

ベトナムに帰国しました。

 

今回の計画を指示した北朝鮮の工作員4人は事件当日にマレーシアから出国しています。

 

腑に落ちないことが多い今回の事件ですが、納得できるようなことが語られるのでしょうか?

今回の番組では実行犯の一人のベトナム人女性が事件の詳細を語るそうです。

 

坂本龍馬暗殺事件の犯人とは?京都見廻組説が有力!演じた俳優も
歴史好きならずとも幕末は人気ですね。 たくさんの偉人が出てくることもあるし、歴史の転換点だからでしょうか? 中でも坂本龍馬の人気は圧倒的。 数々のドラマでもでてきます。 そんな坂本龍馬暗殺を扱ったテレビ番組が...
ちょっと一言

ドッキリというのは信じがたいんだよね

説得力ある話をしてくれるのかな?

コメント