【プロフェッショナル】金七商店の瀬崎祐介が作るかつお節「クラシック節」とは?

TV番組

3月16日の「プロフェッショナル仕事の流儀」では

一節入魂、己を込める~鰹(かつお)節職人・瀬崎祐介~」が

放送されます。

 

今回登場する人は鹿児島県枕崎市の金七商店の4代目瀬崎祐介さん。

キロ3万3千円と史上最高額の値が付いたかつお節の作り手なのだそうです。

そのかつお節は日本のみならず世界中を魅了しているのだとか。

 

金七商店は「クラシック節」という商品があるそうです。

どのようなかつお節なのでしょう?少し調べてみました。

 

高級かつお節かあ

全然違うんだろうなあ

瀬崎祐介

瀬崎祐介さんは1980年に鹿児島県に生まれます。

 

大学生の時は福岡の大学でクレイアートを学び

映像の仕事をしようと考えていたそうです。

 

しかし、就職活動で採用が決まっても自分で断ってしまいました。

自分を見つめなおすと、家業が気になっていることに気付きます

1955年、初代の瀬崎清さんが枕崎市で問屋業として始めた

金七商店のことです。

 

映像を仕事にしようと考えていたのは「家の仕事があっていいよな」

と言われていた反骨心からではと思い

本心では鰹節が作りたかったのですね。

 

それから帰郷し瀬崎祐介さんは2004年から金七商店で働き始めます

クラシック節

瀬崎祐介さんは家業に戻ると、かつお節が若い人たちには

浸透していないことに気付きます

おそらく、かつお節を削ったことがない人も多いでしょう。

 

そこでもっと多くの人に知ってもらいたいと話題性も考え

かつお節のカビ付け時に倉庫内に「モーツァルト」作曲のクラシック音楽を流し始めました

このかつお節がカビの活性化を願った「クラシック節」です。

 

クラシック節は2012年から販売されていて人気となっています。

買える場所は?

クラシック節はどこで購入できるのでしょう?

 

金七商店にはオンラインショップがあります。

休業していたようですが、2021年2月1日から再開しています。

 

クラシック節をご飯にかけて食べるときのおすすめ方法は

ご飯にしょうゆをかけた後でかつお節をのせることなのだそうです。

 

【YOUは何しに】高知県室戸市のカツオの一本釣りに参加するYOUとは?
6月22日には「YOUは何しに日本へ?」が放送されます。 その中で司会のバナナマン設楽さんが最も思い出深いYOUが登場します。 それは高知県室戸市に行われるカツオ一本釣り漁業の技能教習に参加するYOUたちです。 ...
ちょっと一言

食べてみたいねえ

ご飯が何杯でも行けそう

コメント