【激レア】デヴィ婦人の家に居候している加藤万里奈とは?口笛世界チャンピオン?

TV番組

10月5日放送の「激レアさんを連れてきた。」では

デヴィ夫人の家にがっつり居候している人」が放送されます。

 

この番組、土曜日から月曜日に移動したのですね。

 

今回登場するのはデヴィ婦人の家に居候している人です。

親族なのでしょうか?

調べるとどうやら親族ではないようですね。

 

デヴィ婦人の家にがっつり居候している人は現在21歳の大学生加藤万里奈さんです。

加藤さんは中学生の時にアメリカで開催された国際口笛大会のティーン部女子部門で優勝。

プロフェッショナル口笛奏者を目指し

学園祭やイベントなどで吹いて、テレビにも出演しています。

 

では、なぜデヴィ婦人の家に居候しているのでしょう?

少し調べてみました。

 

関係性がわからない

どんなきっかけがあったの?

デヴィ婦人

 

デヴィ婦人は1940年に東京に生まれます。

 

家は貧しく、定時制高校を中退し弟を大学に通わせるために高級クラブで働き始めました。

そこで当時インドネシアと巨額のビジネス関係にあった貿易会社のメンバーが

インドネシアのスカルノ大統領と引き合わせたといわれています。

 

当時、デヴィ婦人は19歳。

真面目で勤勉な態度が認められ、大統領の第3夫人となりました。

その後、スカルノ大統領が亡くなり情勢が変わり、デヴィ婦人は亡くなる数年前からフランスに亡命。

フランス社交界では「東洋の真珠」と称賛され

帰国後も社交界や事業家として活動。

 

テレビでもご意見番として出演したり、体を張ったりもしています。

加藤万里奈

 

加藤万里奈さんは「イッテQ」を観てからデヴィ婦人のことが好きになり、会いたかったそうです。

その時は中学一年生。

将来の夢も「デヴィ夫人に会うことが私の夢です」と学校で発表し

現実的でないと怒られたのだとか。

 

加藤さんはSNSを使い、デヴィ婦人の行動や交友関係を調査

夫人の友人だという人がいれば会いに行き、そういう積み重ねが実り

数年後にデビ夫人が開催するパーティーに潜入することに成功

高校生の時には一緒に歌舞伎を見に行ったりもしたそうです。

その時に得意の口笛を吹き気に入られたのだとか。

 

ハイスピードプラン

居候

加藤さんが居候することになったきっかけは大学にありました。

 

実家の茨城県水戸市から亜細亜大学まで片道3時間以上かけて

通学していることをデヴィ婦人が知ったからです。

 

デヴィ婦人は「私の家から通えばいいんじゃないの」と夫人の別宅をリフォームし

加藤さんのための寝室も用意してくれたそうです。

 

現在、デヴィ婦人は時々加藤さんのお母さんと連絡を取り

加藤さんにモーニングコールもしているそうです。

大学の宿題の手伝いをしてくれることもあるそうですよ。

 

デヴィ夫人が語る日本美術界最大の事件とは古代ペルシャ秘宝展!
美術品は観る人の心を豊かにするといわれています。 僕はあまり詳しくありませんが。 そんななかデヴィ夫人が超有名百貨店で起きた日本美術界最大の事件のことを語るらしいのです。 1月21日放送の「1番だけが知っている」という番組...
ちょっと一言

家族みたいだね

デヴィ婦人もうれしいんじゃないの

コメント