【激レア】小学5年生から40年間ずっと片思いを続けてきたタジマさんとは?

TV番組

5月9日放送の「激レアさんを連れてきた。」では

「小学5年生から40年間ずっと1人の男性に片想いし続けていて

未だに最初の情熱を保っている人」が登場します。

 

小学5年生から40年間?

小学5年生というと11歳くらいですよね?

それから40年間だと50歳くらい?

その間ずっと片思いとは相手は知っているのでしょうか?

 

かなり一途な人のようですが。

いや、一途すぎますね。

 

しかも今回登場する北海道札幌市出身ののタジマさん(50歳)

は視聴者投稿の人なのだそうです。

 

今までは有名な人や社長、本を出版している人などが多かったけど今回は一般人。

しかもかなり強烈な激レアさんです。

 

では、タジマさんはなぜ片思いを続けているのでしょう?

少し調べてみました。

 

40年はすごすぎるね

相手が知ったら少し怖いかも?

タジマさん小学生

運命の出会いは1977年、タジマさんが10歳のころです。

そのころタジマさんは男子と喧嘩したり、嫌いなパンが給食で出た日には机に押し込むなど

ワイルドな性格をしていました。

 

ある日、クラスに転校生がやってきます。

転校生の名はハルタ君。

タジマさんのハルタ君の最初の印象は「背が高くて浅黒くて目が細くて」あまりタイプではなかったそうです。

 

しかしハルタ君の印象が一変する出来事が起こります。

「タジマさん、この顔面白いよね?」と教科書の写真を見せて笑いかけてきたのです。

寡黙だと思っていたハルタ君の笑顔にタジマさんはギャップ萌えとなり、恋に落ちてしまいます

 

その後、同じ中学に進学後もタジマさんは距離を縮めようと同じ塾に通うなど努力を続けました。

タジマさんはほかの男子から告白されたこともありましたが、ハルタ君一途で受け流していたそうです。

そして、中学校の卒業式の日にとうとう告白へ。

告白はできたのですが「どうせフラれる」との思いからハルタ君の答えを聞かずに

走り去ってしまったのですね。

ハルタ君もモヤモヤが残りそうですが。

 

期間限定の交際から別れ

タジマさんは女子高へ進学。

ハルタ君は近所に住んでいたので、声をかけずに遠くから見守っていました。

 

その後、タジマさんが呉服店に就職。

友人へハルタ君への思いを話しているとゆうじんはしびれを切らし

「ハルタ君に連絡しなさい」と電話を強要し会う約束を取り付けます。

 

ハルタ君と再会したタジマさんは「3か月でいいから付き合って」と告白しますが

ハルタ君は小学生の時タジマさんの机からカビパンが出てきたことがあり女として見られないと答えたそうです。

 

しかし号泣したタジマさんを見たハルト君は3日間考え抜き、付き合うことになりました。

デートに行ったり順調に愛をはぐくんでいきますが、ハルタ君の転勤により二人に別れの時が来たのです。

 

ハイスピードプラン

現在は?

ハルタ君は26歳の時に結婚。

タジマさんは30代半ばの時に初めてハルタ君以外の男性とキスする寸前まで行きますが

嘔吐してしまいました。

 

そこで「ハルタ君をあきらめることをあきらめる」と決意を決め、任された呉服店の店名を

「はるた」にしたり、メールアドレスにもharutaを使用するなどハルタ君への気持ちは衰えませんでした。

 

現在、20年以上離れていたハルタ君に電話取材をすると「このことは全然知らなかった。素晴らしい女性だった

幸せになってほしい。タジマさんも自分の道をがんばってもらいたい」と語ったそうです。

号泣したタジマさんは「ありがとうございます。」と語り「生まれ変わったらこんな人生は嫌ですね」

とも語りました。

 

恋愛ソングの神様HY仲宗根泉が衝撃告白、元彼のキャバクラ代を支払う?
バンドHYのボーカルといえば仲宗根泉さんです。 最近は歌手活動だけでなく、トーク番組でも活躍しています。 頭の回転が速いんでしょうね。 2月5日放送の「踊る!さんま御殿!!」にも登場することになりました。 こ...
ちょっと一言

なんか漫画みたいだね

少し重いけどね

コメント