【逆転人生】似顔絵捜査を発案した戸島國雄はタイで警察の大佐に

TV番組

3月2日放送の「逆転人生」では「鑑識捜査官の熱き生きざま」が

放送されます。

 

今回の主役は戸島國雄(とじまくにお)さん。

「三菱重工ビル爆破事件」「オウム真理教事件」など歴史的事件の現場に

出動してきた鑑識官です。

似顔絵捜査の発案者でもるそうですよ。

 

日本での活動の後はタイにわたり、タイの警察の捜査力向上に貢献し

大佐】の称号が贈られたのだとか。

 

では戸島國雄さんはどのような人なのでしょう?

なぜタイに渡ったかなど少し調べてみました。

 

すごい人なんだ

似顔絵捜査はどんな時に考えたのかな?

戸島國雄

戸島さんは1941年、山口県に生まれました。

 

子供の時はやんちゃで地元の警察に呼ばれ、柔道でしごかれたそうです。

その警察で柔道を教わった先生の勧めで1960年に陸上自衛隊に

入ることになりました。

 

落下傘部隊である習志野第1空挺団に入り、自衛官をしながら夜間大学を卒業。

 

1963年に警視庁に入ります。

空挺団出身ということで本部の機動隊から推薦状も来ましたが、警察学校の講義で

事件捜査を左右するのは鑑識だと知り鑑識を希望しました。

 

そこからは警視庁刑事部鑑識課一筋。

日航123便墜落事故やトリカブト殺人事件、オウム真理教事件などの大事件の捜査

にかかわりました。

 

似顔絵捜査のスタートは1976年。

当時はモンタージュ写真が主流でしたが、男に襲われた被害者の女性が何度も犯人の人相を聞かれ

困惑しかわいそうだと思った似顔絵を始めます

時間がかかるモンタージュより記憶が鮮明なうちに欠ける似顔絵のほうがいいと考えたそうです。

 

やがて似顔絵は捜査手法として確立。

2000年に新設された「似顔絵捜査員」制度の第1号に任命されました。

 

タイへ

ある日奥さんが急に体調を崩し看護師長を務めていた病院に入院することになりました。

1994年3月、奥さんは53歳の若さで亡くなってしまいます。

白血病でした。

 

その後、オウム真理教の毒ガスサリン事件が起き、捜査に参加。

その捜査が終えた秋、国際協力隊員としてのタイ行きを上司に勧めらました

ひとり身になって沈んでいるところを心配されたのでしょう。

タイでの鑑識指導は奥さんからもらった第2の人生と考えているそうです。

ハイスピードプラン

大佐に

1995年11月、国際協力機構(JICA)の指導員としてタイ国家警察科学捜査部

初めは2年間の予定で向かいます。

 

現場は危険だからセミナーを行うだけでいいと言われましたが、現場へ出向。

規制線のテープ張りから始め、ゴム手袋も導入。

実績を上げ、タイ警察首脳から全国の鑑識幹部に基礎を指導するよう、公式に命令を受けました

 

1998年に日本に帰国し警視庁に復職しますが、タイ国家警察から再訪要請を受け

2002年にふたたびタイにわたり、若手鑑識官を育成中。

日本でいえば警視正に相当するタイ警察の警察大佐を拝命しています。

 

【爆報】アメリカでも活動したバスケットボール選手菅原洋介は警察官に!
バスケットボール。 最近では八村塁選手がNBAのドラフトで一巡目で指名を受けたりして盛り上がっていますね。 他にも有望な選手が多いですし、来年の東京オリンピックでも期待がもてます。 そのバスケットボールでかつてアメ...
ちょっと一言

いろいろな技術を教えているんだろうね

尊敬されているんだろうね

 

コメント