【仰天ニュース】2021年大阪ミナミで起きた飲食店カニオブジェ破壊事件、その後の意外な行動とは?

TV番組

6月28日の「仰天ニュース4時間SP」では

カニオブジェ破壊事件から9カ月」が放送されます。

 

2021年、蔓延防止措置が出されていた大阪で

店先のカニのオブジェが壊されるという事件が起きました。

 

この出来事は全国のニュースで放送され

大炎上となりました。

全国的な事件となり驚いたのは破壊した張本人。

その後意外な行動をとったそうです。

どういうことなのでしょう?

すこし調べてみました。

 

あったねえ

犯人名乗り出たんだっけ?

カニオブジェ破壊

2021年4月、大阪のミナミの道頓堀で

事件は起きました。

 

カニ料理店「大阪かに源道頓堀店」前にあった

カニのオブジェが早朝に

若者二人に壊されたのです。

 

防犯カメラには2人が約100キロのオブジェを

けったりしたあと傾けて倒した様子が

映っていて

大阪府警南署が器物損壊容疑で捜査をすることと

なりました。

謝罪

事件から数日後、若者2人は親を伴って店を訪れ

深々と頭を下げ謝罪。

オブジェの製作費165万円を弁償したため

店は警察に被害届の取り下げを申し出たそうです。

 

若者二人は「コロナの時短で働いていた飲食店をクビになり

酒を飲んでむしゃくしゃしてやった」と答えたのだとか。

 

店舗の運営会社社長の武田さんは毎週日曜日にキリスト教で

礼拝するクリスチャン。

2人を協会に連れて行き「過去の過ち全てをざんげして悔い改めなさい」

と許したそうです。

アルバイト

その後、カニのオブジェを破壊した二人の若者は

毎週のように大阪の教会に通っていたそうです。

教会に行く当時の申し訳ないという気持ちを思い出すので

それを忘れないため。

 

加害者の二人と社長の交流は続いています。

他の仕事をしながら、店の人手不足を埋めようと

店でのアルバイトも始めたのですね。

 

手伝える日は積極的にアルバイトに出ていて

新しいカニのオブジェのデザインも二人が考えたのだそうです。

 

【逆転人生】ミシュラン一つ星「ラッセ」のシェフ村山太一がサイゼリヤでバイトする理由は?
2月15日の「逆転人生」では 「一つ星店シェフの覚醒 副業に成長のチャンス!?」が放送されます。 10年連続で世界的料理ガイドブックミシュランで一つ星を獲得している レストラン「ラッセ」のオーナーシェフである村山太...
ちょっと一言

コロナでイライラが多くなっていたもんね

反省したんだろうね

コメント