【仰天】芸人カモシダせぶんのマンションが全焼、衝撃の原因は100円の鏡?

TV番組

 

7月21日の「ザ!世界仰天ニュース!」では「芸能人衝撃事件スペシャル!」が

放送されます。

 

なんでもある芸人のマンションが全焼してしまったのだとか。

その時はいつもより急いで家を出ただけだったようです。

 

マンションが全焼してしまった人はお笑いコンビ「ウルトラトウフ」の

カモシダせぶんさん。

火事となった原因はテーブルに置いていたどの家庭にもある身近なものだったそうです。

何が起きたのでしょう?

少し調べてみました。

 

火事って怖いよね

火の不始末っていうわけじゃなさそう

カモシダせぶん

 

カモシダせぶんさんは1988年生まれ。

 

松竹芸能タレントスクール出身でコンビ「シャンゼリーゼ」や「ガング」

ピン芸人として「一人っ子カモシダ」などで活動後、2017年にマリッジスターこうもとさんと

お笑いコンビ「ウルトラトウフ」を結成しました。

 

カモシダせぶんさんは読書好きで、現在書店で働いているということもあり

書店員芸人としての顔もあります。

マンション火災

火事が起きたのは12月23日。

笑福亭鶴瓶さんの誕生日の日でもあります。

 

2019年12月23日。

カモシダさんはいつもと同じように、カーテンを開けっぱなしでマンションを出ました。

 

なぜ若手芸人であるカモシダさんがマンションに住んでいるのか、それは実家がお金持ちだからです。

父方の祖父が地元の大地主で、小田急線の登戸駅から向ヶ丘遊園、生田、読売ランド前、百合ヶ丘、新百合ヶ丘

柿生まで大体この区間全部の土地を持っていたのだとか。

従妹の就職が決まった際、就職祝いで数千万円のマンションを買って

その時に「お前もついでにどう?」と言われカモシダさんも買ってもらったそうです。

 

話しは戻り、午前中に外出したカモシダさん。

昼過ぎに消防所から「報知器が火災を検知してるんで、すぐ戻ってきてください」と連絡が来て

戻る途中、ツイッターで検索すると消防車が8台も来ていることが判明。

家に戻ると自宅は無残にも焼け焦げていて

幸いけが人は出なかっそうです。

 

ハイスピードプラン

原因は?収れん火災?

 

火事の原因は鏡でした

窓に向かって机の上の鏡が置いてあって、その鏡で反射した日光の光がソファーに当たり

燃えたのですね。

その鏡は100円の鏡で片面が普通の鏡でもう片方は拡大鏡。

普通のほうが割れて拡大鏡を使っていたそうで余計に光を集めたのだとか。

 

こういった火災は「収れん火災」と呼ばれとてもまれな火災で

2005年から2015年にかけて、都内で12月の収れん火災は2件しか起きていないそうです。

 

カモシダさんは火災保険に入っていましたが、読書好きということで本をたくさん持っていて

2000から3000冊あった本の9割はダメになってしまいました。

 

ちょっと一言

映画とかでありそうだけど

ペットボトルの水でもなるらしいから注意しないと

コメント