【何だコレ!?ミステリー】鹿児島県の山の斜面にある謎の50とは?「肝付町」

TV番組

4月28日の「世界の何だコレ!?ミステリーSP」では

山の中に謎の“50″」が放送されます。

 

 

これは鹿児島にあるようです。

近隣に住んでいる人は存在こそは知っていますが

何のためのものか詳細は分からないという。

山の斜面にある謎の“50″

 

鹿児島県の山の斜面に空から見ると分かる50という文字が浮かぶそうです。

何のためのものなのか。

この山があるという肝付町にはロケット発射場「内之浦宇宙空間観測所」が

あることでも有名で

そのため、宇宙へのメッセージでは?という声も聞かれるのだとか。

 

どういう事なのでしょうか?少し調べてみました。

 

巨大な50?

宇宙は関係ないような気がするなあ

肝付町

肝付町は鹿児島県の大隅半島の東部にある町です。

人口は約1万4千人。

 

内之浦宇宙空間観測所という世界でも珍しい山地に立つロケット発射場が

あることでも有名です。

塚崎古墳群という大隅最古の前方後円墳と、本土最南端の前方後円墳が

あるという歴史も感じられる町なのですね。

山の斜面の50

肝付町にある山の斜面には謎の50という文字があるのだそうです。

その文字はとても大きくGoogleマップで見つけられるほど。

一文字で縦80メートル、横50メートルという大きさなのだそうです。

 

この「50」にはどのような意味があるのでしょう?

宇宙へのメッセージ?何かの記念?

50周年記念

この「50」という文字は1983年に内之浦町が町政50周年を記念し

桜の木を植え作ったものなのだそうです。

内之浦町は2005年に高山町と合併し肝付町となりました。

 

当時は町全体から見えるようにと山の斜面に町の職員や関係者など50人が

ヨシノザクラ500本を植樹したのだとか。

 

「50」という謎の文字は町政50周年記念ということだったのですね。

現在はそこまで手入れはされてないようですが、桜の季節になると良く見えるのかもしれません。

 

【ナニコレ珍百景】荒川の河川敷からJR総武線を応援する謎の旗振り応援団とは?なぜ?
3月14日の「ナニコレ珍百景」では 「東京、荒川の毎朝川原で電車を応援する謎の集団」が登場 するようです。 荒川で電車を応援する謎の集団? 毎朝来ているのでしょうか? 電車に乗っている人を応援しているの...
ちょっと一言

昔はそういう記念行事とか多かったイメージがあるね

今もあるんだろうけど、お金の使い方とか厳しくなっているかも

コメント