【何だコレ!ミステリー】体の中がピコンピコン光るカエル、その正体は?

TV番組

4月14日には「世界の何だコレ!?ミステリーSP」が

放送されます。

 

その中で「体の中が光るカエル」のことが出てくるそうです。

南米では紫外線をあてられると、赤っぽい斑点を持つ暗い黄緑色から蛍光色に変化する

ブチアマガエルが発見されています。

光を浴びて違う色の光を発行する「生物蛍光」の両生類の発見は初めてなのだとか。

 

ただ、今回の光るカエルは全然違います。

体の中で光が点滅しているのです。

たとえるならウルトラマンのカラータイマーのように「ピコン、ピコン」と

いう感じで。

このカエルは何かを主張しているのでしょうか、それとも身を守っているのでしょうか?

すこし調べてみました。

 

変わったカエルなの?

新種?

体が光るカエル

 

2018年6月1日、このカエルはアメリカのフロリダ州で発見されました。

窓に張り付いていたところをベヴァリー・マッコードさんが

撮影したそうです。

 

マッコードさんの家の庭にはアメリカアマガエルがいて

毎日窓に張り付いていたのだとか。

今回もそのアメリカアマガエルの仲間なのかもしれません。

 

このアマガエル、確かに衝撃的です。

何が起こっていたのでしょうか?

ホタル

いつも窓に張り付いているアマガエルは灯りに引き寄せられた虫を

食べていたそうです。

そして、引き寄せられてきたホタルも食べたのですね。

 

このおなかの中の光はホタルの光。

マッコードさんもこのような状況は初めてで

そばにいたそうですが、ショックを受けたとのこと。

 

10分から15分ほど光っていたそうですが

徐々に弱くなり消えて行ったそうです。

ホタルの救難信号だったのかもしれません。

毒?

実はホタルには毒があるそうです。

人間にはほとんど害がないそうですが、カエルなどはショック死することがあるみたい。

 

では、なぜこのアマガエルは無事だったのでしょう?

いくつかの理由が考えられます。

 

まずは毒のない種類のホタルだったこと。

他にはこのアマガエルに毒への耐性があったとか。

ずっと見ているわけではなかったでしょうし、もしかしたら数時間後とかに

毒が効いてきていたのかもしれませんね。

 

1967年、上野動物園でアジア象が逃走!連れ戻した方法とは?
ゾウさん、、象といえば今も昔も動物園の人気者です。 子供たちからの人気も絶大ですね。 大きな体で長い鼻を使い、果物だ度を口に運ぶ姿がとても愛らしくてたまりません。 そんな象ですが、1967年の上野動物園でア...
ちょっと一言

ホタルが体の中で光っていたんだね

丸飲みだからね

コメント