【あいつ今】愛光学園の天才卒業生上甲友規がついているのは花屋のCOO?

TV番組

 

3月11日放送の「あいつ今何してる?」では

愛媛が誇る全国屈指の進学校・愛光学園の天才卒業生が登場するそうです。

 

その人は一橋大学に進み世界的大企業に就職するも数年でやめてしまったそうです。

現在は大企業の安定した道を捨てて身近なある業界で革新的なサービスを

生み出しているのだとか。

 

その人は上甲友規さん。

現在はどのようなことをしているのでしょう?少し調べてみました。

 

身近な業界ってどこなのかな?

大企業の安定を捨てて行動したんだね

上甲友規

上甲さんは愛媛県が誇る全国屈指の進学校の愛光学園に入学します。

当時の先生によるとドラえもんに出てくる「出木杉くん」のような模範的な生徒だったのだとか。

ドラえもんの出木杉君というとパーフェクトな人のように見えます。

きっとまじめで成績優秀だったのでしょう。

 

その後国立の名門・一橋大学経済学部に進学。

学生時代はサッカーに励んでいたようです。

就職

大学を卒業後は世界的な大企業に就職します。

 

その大企業とはAGC旭硝子

世界最大手のガラスメーカーですね。

 

上甲さんはAGC旭硝子で人事総務として活動し

国内戦略コンサルティングファームを経て現在の職業に就くのです。

 

株式会社BOTANIC

2019年2月、上甲さんは株式会社BOTANICの取締役副社長COOとなりました。

 

実はBOTANICの社長の田中彰さんと上甲さんはAGC旭硝子で同期で友人だったのです。

上甲さんは2年ほど前から相談に乗っていて、一緒に台湾の花農園に

視察に行ったこともあったそうです。

 

BOTANICは「ex. flower shop & laboratory」という花屋の店舗を運営していて

霽れと褻」という毎月花とその花に関する新聞が届くサービスも行っています。

注文を受けてから採花する廃棄ロス0のオンデマンド花サービス「リフト」というサービスもあるそうです。

 

上甲さんはBOTANICの経営全般を担当していて

花業界のアップデートを目指しているそうです。

 

ちょっと一言

花業界も厳しいと聞くもんね

廃棄ロス0は素晴らしいね

 

 

コメント