【あいつ今何してる?】サレジオ学院卒で歌舞伎子役の石川聡彦の経歴は?

TV番組

10月2日放送の「あいつ今何してる? 」では名門サレジオ学院の卒業生の鬼才が登場するそうです。

なんでもアイデアマンであり、元歌舞伎の子役スターであり、高校生にして商売上手

現在は年商が1億にものぼるということでした。

 

テレビで取り扱われるので、さすがに濃いい経歴ですね(笑)

 

その人は石川聡彦さん。

26歳とまだ若いのですが、Forbesの30UNDER30JAPAN2019(日本を代表し世界を変えていく

30歳未満の30人)に選ばれるなど、これからの活躍が期待されている人でもあります。

では、どのような経歴でどのようなことをしているのでしょう?

 

少し調べてみました。

 

年商1億ってすごいね

まだ26歳だよ

石川聡彦

石川聡彦さんは1992年生まれ。

横浜市のサラリーマンの家庭で育ちました。

 

幼稚園の頃に両親が児童プロダクションのオーディションに応募。

それがきっかけで歌舞伎役者となります

小学5年生の時に引退しますが、それまで格式高い伝統芸能に生きてきて

「諦めずにやり続ける」という姿勢が養われたそうです。

 

歌舞伎引退後は中学受験の勉強を始め、中高一貫の男子校サレジオ学院に入学しました。

 

学生時代

石川さんは小学校高学年のころからパソコンに触れていて、中学生や高校生のころには

HPを制作したり、簡単なゲームを作ったりもしていたそうです。

 

サレジオ学院では勉強のことが面白くなり「中学か高校の先生になる」という夢を持つようになります。

高校2年のときは文化祭の実行委員長をやり、お化け屋敷の解禁や階段アートなどいままでなかったものを

アイデアマンとして新しいものにチャレンジしていきました。

 

そして、高校生の時に初めてビジネスもやるんですね。

それは中古売買サイトを使った売買

ネットの情報を見ながら高く売れるものを探し、サイトで仕入れ売り差益をお小遣いにしていたそうです。。

年間10万円ほどの利益が出ていたのだとか。

 

高校卒業後は教師になるため、東大の文科3類に進みます。

しかし、東大では「KING」というビジネス系のサークルに入り、先輩起業家たちの話を聞くうち

ボジネスが身近に感じられるようになり、ビジネスにのめりこみ「教師になりたい」という

気持ちは無くなっていきました。

 

起業

大学3年生の時には工学部へ転部。

ビジネスコンテストで優勝したのをきっかけに起業、グッズという会社を立ち上げます

モノに特化したSNS、弁当のデリバリーサービス、ポイントカードのアプリッといろいろ展開していきましたが

なかなか当たりません。

 

当時、ビジネスをしながらも大学ではデータ解析や機械学習について学んでいました。

そのとき、知人の紹介でヘルスケア企業からビッグデータ解析システムの受託開発をすることになります。

石川さんは思ったそうです、「学生に頼まなければいけないほど、AIの分野は人手が不足しているのか」と。

 

AIの分野は将来性があると考えた石川さんはいくつかの案を携え、ベンチャーキャピタルの人たちに見てもらい

一番確度が高そうな事業が現在行っているエンジニア向けのAIオンライン学習サービス「アイデミー」

だったのです。

 

2017年6月に「株式会社アイデミー」に社名を変更。

2017年12月にはAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の提供を開始しています。

日本ではAIなどのITの知識を持つ人材が不足しているといわれていますので

「Aidemy」は市場のニーズを先取りしているのですね。

 

娘を全米No1女子高生にしたボーク重子とは?どんな子育て法?
9月10日放送の「踊る!さんま御殿!!」 今回はママたちの不満が大爆発SP!なのだそうです。 なんでも育児の話とかをするのだとか。 その中で娘さんを全米No1女子高生にしたお母さんも出演されます。 その人は「...
ちょっと一言

AI系はどんどん需要が増えていくだろうしね

エンジニアの教育も必要なんだ

コメント