【仰天ニュース】1999年に発生した池袋通り魔無差別殺人事件、犯人造田博の犯行動機は?

TV番組

5月24日の「ザ!世界仰天ニュース」は

食の危険&凶悪事件2時間SP」が

放送されます。

 

1998年6月。

アメリカのオレゴン州にある日本人が牧師を務める教会に

日本領事館から連絡が入りました。

その内容は「公園で野宿生活を送っている日本人を保護してほしい」

というもの。

その男の名前は造田博

所持金もなく数日間何も食べていませんでした。

 

この時の男造田博が翌年、日本の池袋で

通り魔殺人を起こすことになるのです。

どういう事なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

アメリカにいた?

帰国後に事件を起こしたの?

造田博

造田博は1975年に岡山県に生まれました。

 

造田は兄と両親の家族4人で暮らしていましたが

造田が小学生の時から両親はギャンブルにおぼれだし

4千万円もの借金を作り、姿をくらませます。

 

造田は高校の進学校に通っていましたが

兄も大学進学で家を出ていて

一人っきりの家には借金取りが取り立てに押し寄せ

高校は2年で中退。

 

広島にいた兄を頼った後は

上京して職を転々としていきます。

その数は14にも上ったそうです。

一時期、アメリカにも行っていたそうですね。

短期間でしたが、その時に協会に保護され手伝いを

していたのだとか。

 

ビザが切れたため、日本に帰国となり

事件を起こす4か月ほど前に新聞配達員となりました。

池袋通り魔事件

造田は事件前の4日間を赤坂のカプセルホテルで過ごし

犯行を決行。

 

1999年9月8日、池袋の東急ハンズの正面で

バッグから包丁と金づちを取り出し

「むかついた。ぶっ殺す」と叫びながら

動き出します。

 

エレベーターで上がってきた66歳の女性の胸を刺し

殺害した後、女性の夫を金づちで殴りつけ

手を包丁で刺しました。

 

犯行を見ていた通行人が逃げ出すと

追いかけ初め

逃げようとする29歳の女性を包丁で刺し

この女性は病院に搬送後亡くなっています。

 

その後も高校生など6人を襲い怪我をさせた後

通行人たちに取り押さえられました。

犯行動機

この事件は女性2人が死亡、通行人6人が負傷という

惨事となり

造田は2014年に東京地裁で死刑判決が下り

2019年に死刑が確定。

現在死刑囚として服役中です。

 

犯行動機は「人生に絶望し、またどうしようもない環境的な不平等にイライラしたため」と

供述しています。

 

事件を起こすきっかけとなったのは携帯電話。

新聞配達員の時に遅刻をしたため携帯電話を持つようになりましたが

そこに無言電話がかかってきたため激怒し

家から姿を消しました。

それが事件の5日前。

 

この時玄関のドアに張り付けた紙には

「わし以外のまともな人がボケナスのアホ殺しとるけえのお。

わしボケナスのアホ全部殺すけえのお」

と書いてあったそうです。

 

【仰天ニュース】2013年に起きた「グアム無差別殺傷事件」とは?
1月7日の「ザ!世界仰天ニュース」では2013年2月に大人気リゾート地で起きた 悲劇が取り扱われるようです。 この大人気リゾート地とはグアム。 ここで無差別殺傷事件が起きたのです。 一人の男が次々と襲...
ちょっと一言

生い立ちは同情できるけど

でも被害者の人は関係ないよね、ひどい

コメント