【有吉の世界同時中継】1991年にアルプスで発見された5300年前のミイラアイスマンとは?

TV番組

6月23日の「有吉の世界同時中継」では

「アルプスで発見!5300年前の冷凍ミイラ」が

放送されます。

 

1991年にイタリアの山中で冷凍ミイラが

発見されました。

そのミイラは5300年前のミイラでとても保存状態が

良かったため大きな話題となります。

 

アイスマンと名付けられた5300年前のミイラ。

どういう事なのか少し調べてみました。

 

5300年前?

日本だと縄文時代?

エッツ渓谷

エッツ渓谷(エッツタール)は

オーストリア共和国チロル州に位置するアルプス山脈の渓谷。

東アルプス最大の渓谷の1つでもあります。

 

この登山家やスキーヤーが訪れる渓谷で

1991年に大発見がありました。

アイスマン

1991年、アルプス東部の山脈で登山中のハイカーが

氷河でミイラを発見しました。

 

そのミイラは驚くほど保存状態がよく

初めは登山客のミイラとして扱われましたが

調査の結果、身に着けいていたものが新石器時代末の物である

ことがわかり約5300年前のミイラであることが判明します。

 

身長約160センチのミイラはアイスマンと名付けられ

エッツ渓谷で発見されたことから「エッツィ」という

愛称もつけられました。

アイスマンはヤギの皮などで作った革のコートを

来ていたそうです。

アイスマンの死因

アイスマンの死因ははじめは病死だと思われていました。

しかし調べていくうちに追われていて

背中を矢で撃たれていたことが判明しました。

 

アイスマンはゲノム解析などいろいろな調査が行われ

たくさんのことが判明しています。

 

年齢は約46歳で左利き。

血液型はO型で虫歯やライム病などに悩まされていた

そうです。

 

【有吉の世界同時中継】茨城県土浦市にあるカッパの手のミイラとは?
3月3日の「有吉の世界同時中継」では 「世界の最新ミステリー!ミイラの謎を暴けSP」が 放送されます。 この番組はミイラが好きですね(笑) まあ、ミイラはいろいろな不思議やロマンが 詰まっていますから気...
ちょっと一言

色々なことが分かったんだね

状態が良かったからかな

コメント