【激レアさん】サッカー監督で解説者の早野宏史のダジャレとは?言い始めたきっかけは?

TV番組

2月15日放送の「激レアさんを連れてきた。」では

Jリーグの名監督だったのに、解説者になってからの20年間で4000個以上のダジャレを言い続け

そのほとんどをスルーされている人」が放送されます。

 

この人は早野宏史(はやのひろし)さんでしょう。

サッカー界では有名?ですね(笑)

 

それにしても20年間で4000個のダジャレですか?

数えたことはなかったけどすごいですね。

一年間に200個。

月に16個くらいですか?まあ、毎月試合はないですけど。

 

しかも、ほとんどがスルーされているのですからね。

続ける早野さんはすごいです!

では、なぜ早野さんは解説でダジャレを言うようになったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

たまにクスッとなるよね

たまにね

早野宏史

早野宏史さんは1955年生まれで神奈川県川崎市出身。

 

現役時代は中央大学を経て、日産自動車サッカー部で活躍。

FWとして金田喜稔さん、木村和司さんとともに日産ターボトリオと言われたそうです。

 

1987年に現役を引退してからは指導者となります。

日産ファーム、日産ユース、日産レディースなどで監督を務め

Jリーグ開幕とともに横浜マリノスのコーチとなり

1995年に監督に就任

JリーグチャンピオンシップでV川崎を下し、リーグ初優勝を飾りました

翌年に解任され、NHKのJリーグ中継やヨーロッパサッカーの解説者としてデビュー

ガンバ大阪や柏レイソルの監督も経験。

 

2019年からはノース亜細亜大学サッカー部の総監督に就任したみたいです。

ダジャレのきっかけ

早野さんは主にNHKのサッカー解説で活躍中です。

ジャレは特徴になっていて、NHKのアナウンサーにスルーされるのも恒例となっています。

 

では、なぜ解説でダジャレを言うようになったのでしょう?

はじめはダジャレは言ってなかったのだとか。

解説では選手起用のことはあまり語らずに技術論を語っていて

「比喩」表現が多かったそうです。

「ぬるま湯に入ってるようなプレー」とか。

でも、ボキャブラリー不足のため途中からダジャレに変化していったそうです(笑)

 

それがずっと続いて早野さん=ダジャレみたいな感じになっているのがすごいですよね。

ダジャレ

今までのダジャレの例を挙げていきます。

 

・「ジダンが地団駄踏みましたね

・「そこイ・グノ?

・「今日は合わないグスト(アウグスト)でしたね〜

 

などなど。

選手の名前も覚えやすくなるかもしれません(笑)

 

【消えた天才】サッカーレアル久保より前に18歳で代表入りしていた天才選手とは?
小松晃選手 いきなりですが、この選手は小松晃選手です。 小松選手は1962年生まれ。 秋田県立西目農業高校の3年生時に第59回全国高等学校サッカー選手権大会でキックオフ直後に センターサークル付近からロングシュートを放ち...
ちょっと一言

ずっと続けてほしいね

スルーされ続けても鉄のメンタルだよね

コメント