【ハドソン川の奇跡】離陸から2分でエンジン停止、USエアウェイズのハドソン川着水とは?

TV番組

6月29日の「ありえへん∞世界」では

本当にあった世界の衝撃事件&航空パニック&究極ダイエット」が

放送されます。

 

この中の「本当にあった!ありえへん世界の衝撃事件」で

離陸わずか2分で全エンジンが停止!乗客の運命は?」が紹介されます。

この事故は空中でエンジンが完全に停止した飛行機が航空史に

残る結末を迎えたということですので

ハドソン川の奇跡」と呼ばれた事故ではないでしょうか?

 

この事故は当時世界中で大きくニュースに取り上げられ

映画化もされました。

どのような事故あったのでしょう?

少し調べてみました。

 

何か聞いたことあるような

どんなんだったっけ?

USエアウェイズ1549便

2009年1月15日、乗客乗員合わせて155人を乗せた

USエアウェイズ1549はニューヨークのラガーディア空港から

シャーロットを経由してシアトルへ向かうため離陸。

 

しかし、航空機は離陸直後にトラブルに巻き込まれてしまうのです。

鳥の群れと遭遇してしまい、鳥が機体に激突したりエンジンに

吸い込まれなどして機体が損傷するバードストライクが発生。

上空1000mで両翼のエンジンが止まってしまったのです。

着水

飛行機はエンジンが損傷したため、グライダーのような状態で進み

地上までは数分しか持ちません。

しかも眼下に見えるのはニューヨークの大都市。

 

飛行機が都市部に墜落したら大惨事となってしまいます。

そこで機長は大惨事を回避する唯一の可能性としてハドソン川に

着水することを思いつきますが、危険な試みです。

 

周りのビルから大勢の人が見守る中、機長はテクニックを駆使し

着水に成功しました。

犠牲者は0

機体は着水に成功しましたが

後部が破損したため川の水が中に入ってきます。

乗客にライフベストを着せ、何隻もの船が救出に向かいますが

難航。

ダイバーが期待の中に誰もいないことを確認して、外に出た直後

飛行機は沈んでいったそうです。

 

乗員は全員無事という、奇跡のような出来事。

無事着水を成功させた機長は称賛を浴び

この出来事は「ハドソン川の奇跡」として映画化もされています。

 

【極限ミステリー】上空10000mで飛行機のエンジン停止、驚異の着陸とは?
11月27日放送の「ワールド極限ミステリー」 エアカナダの飛行機トラブルのことが放送されるようです。 エアカナダ143便の全エンジンが上空10000メートルで止まってしまったらしいです。 なぜ止まってしまったのでし...
ちょっと一言

ニュースで見たなあ

衝撃だったもんね

コメント