【アンビリバボー】33人が亡くなったシンガポールのホテルニューワールド崩壊の原因は?

TV番組

8月12日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」では

「あなたにこの謎が解けるかな?真夏のミステリー2時間SP」が

放送されます。

 

ここで「ホテルニューワールド崩壊」が紹介されるようです。

この事故は東南アジアのシンガポールで起きました。

 

地上6階建てのホテルが突然崩壊する事故が

起きたのです。

33人もの犠牲者が出るシンガポール史上最悪の崩壊事故

なってしまいました。

なぜホテルは崩壊してしまったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

突然崩壊?

怖いね

シンガポール

シンガポールは東南アジアに位置する都市国家です。

人口は約570万人。

都市国家なので首都はないそうです。

 

シンガポールは治安もよく近代的な街並みが

特徴で済みやすい国と言われています。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんも移住していますね。

ホテルニューワールド

ホテルニューワールドはシンガポールのリトルインディアに

1971年に建てられました。

高さ24メートルの6階建てで地下には駐車場

1階には銀行、2階はナイトクラブで3階以降がホテルです。

 

事故は1986年3月に起きました

2階のナイトクラブの柱に突然ヒビが入ります。

ナイトクラブのホステスがオーナーに連絡し作業員が

柱を修理。

 

しかし、翌日。

建物が揺れ始め、1分もかからないうちにホテルが

倒壊してしまったのです。

当時ホテルには50人いました。

 

重機を使った救出は危険だとして

地下にトンネルを掘り救出作業を行い

17人を救出しましたが、33人は亡くなってしまいました。

原因は?

ホテル倒壊の原因は何だったのでしょう?

 

事故の後調査が始まり

ガス爆発、地下鉄の振動、資材の耐久性などが考えられましたが

全てあてはまりませんでした。

 

ホテルは建設以降もいろいろなものを追加し

総重量は100トンを超えていましたが

それらは建物に載せられる荷重を示す「積載荷重」の許容範囲でした。

 

ではなぜ崩壊してしまったのでしょう?

実は計算の値が間違っていたのです。

再計算したところ、ホテルは建物自体の重さすら耐えられる設計では

ありませんでした。

 

設計士が計算を間違えたため、ホテルの完成当初から

建物の重さに耐えられない状態でずっと柱に負荷がかかっていて

1本の柱が壊れたため、他の柱も壊れていき

ビルが崩壊することとなったのですね。

 

【池上ワールド】1982年のホテルニュージャパン火災の原因とは?
1982年2月、日本中を驚かせる大きな事件が発生しました。 それはホテルニュージャパンの火災。 史上最悪の人災とも呼ばれる大火災で、33人もの人が亡くなる大惨事となりました。 10月7日の「池上ワールド 日本中が驚...
ちょっと一言

そんな計算間違いもあるんだ

ちょっと信じられないね

コメント