北のグルメハンター本田大助とは?なぜ北海道物産展は人気なの?

TV番組

 

3月3日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」では

百貨店の人気イベント「北海道物産展」のカリスマバイヤーの人が出演されます。

 

その人は本田大助さん。

別名「北のグルメハンター

 

業界唯一の北海道常駐バイヤーでしられざる食材を発掘していき

さらにその食材でスイーツやコロッケなどオリジナルのメニューを作り出すそうです。

 

では「北海道物産展」のカリスマである本田大助さんとはどのような人なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

北海道はおいしいものがたくさんあるイメージがあるな

自然も多いしね

 

北海道物産展

デパートやお祭りなどで各地の物産展が行われることがありますね。

その地域の名産品や名店の商品がそろっていて、遠出して地方までいかなくても

買い物ができて便利です。

 

九州、沖縄、東北、京都などいろいろな地方の物産展がありますが

その中でも人気なのが北海道物産展なのだとか。

 

なぜ北海道物産展は人気なのでしょう?

やはり北海道というと自然が多くておいしい食べ物がそろっている

というイメージがあるのが大きいと思われます。

なにか知らないおいしいものがあるのではないかと。

 

ほかには、遠くて何回も現地に行くのは難しいので

物産展に人が集まるのではないでしょうか?

北海道物産展に行く人が多いので自分も行きたくなるという

心理もあるのかもしれません。

 

本田大助

 

本田大助さんは大丸松坂屋百貨店の札幌駐在のバイヤーです。

車に乗りまだ見ぬ新しい食材を北海道で探し続けています。

 

本田さんは北海道ではなく神戸市出身。

幼いころから食べることが大好きで大丸神戸店に入社してからずっと食品畑を歩いてきました。

 

16年ほど前に北海道への転勤を言い渡されることになります。

それまでは物産展をやる時も各デパートのバイヤーがばらばらに北海道に行って交渉していて

非効率なので一括して取引できるように現地に駐在を置くことになり

その第一号となったのです。

 

それから現地主義を大事にし、10年後などの将来を見据えて北海道各地を

回っています。

宣伝マン

本田さんが北海道に来て驚いたのは海にも山にも恵まれた雄大な自然の中にある素材です。

 

そして広大な大地の北海道で出会うことのなかった素材同士を

コラボさせうろデュースしたりもしています。

 

北海道のおいしいものをもっと多くの人に知ってもらいたいと

北海道の宣伝マンのような気持ちで活動しているそうです。

 

タレントの田中義剛は北海道出身ではない?現在はチーズで大当たり!
10月29日放送の「踊る!さんま御殿!!」でタレントで実業家の田中義剛さんが登場するようです。 田中義剛さんといえば北海道出身のイメージがありませんか? 実は違うそうですよ。 青森県出身なのだだとか、それで番組で東...
ちょっと一言

たしかに北海道で知られていないおいしいものがありそうだしね

豊富だしね

コメント