【仰天ニュース】日本赤軍が起こしたダッカ日航機ハイジャック事件とは?リーダーは重信房子?

TV番組

9月20日の「ザ!世界仰天ニュース」では

日航機ハイジャック…犯人グループのトップは日本人女!衝撃の目的」が

放送されます。

 

1977年、日本赤軍の若者たちにより

ダッカ日航機ハイジャック事件が起こりました。

日本赤軍は数々の凶悪事件を起こしてきた組織。

しかもリーダーは日本人女性なのだそうです。

 

この事件は「人命は地球よりも重い」という

有名な言葉も生んでいます。

どのような事件だったのでしょう?

少し調べてみました。

 

ニュースで見たことあるなあ

リーダーの人出所したんだよね

ダッカ日航機ハイジャック事件

1977年9月28日、パリ発東京行の日航機が

中継地であるインドのボンペイ空港を離陸したところ

ハイジャックにあいました。

 

犯人は日本赤軍を名乗る男5人

武装組織である日本赤軍はイスラエルの空港で銃撃事件を起こし

数十人を殺害したり、ハイジャックをしたり、大使館を占拠したりと

凶悪なテロ事件を起こしていました。

 

武装した5人の男は急に立ち上がりなだれ込むように来たため

客室の責任者が「機長、乗客が殺されるので操縦室を開けてください」

と言い、ハイジャックされたようです。

ハイジャック後

ハイジャックされた日航機はバングラデシュのダッカの空港に

強行着陸させられます。

乗員・乗客151名を人質にし

犯人グループが出した要求は獄中の活動家9人の釈放と

日本円にして約16億円の身代金でした。

 

バングラデシュのマームド空軍参謀長を仲介して

交渉に臨み

当時の福田赳夫首相が「一人の生命は地球より重い」と述べ

超法規的措置により活動家9人のうち6人が要求を受け入れ釈放。

 

粘り強い交渉の末、10月2日に人質118人が解放され

最後の人質が解放されたのは10月4日。

アルジェリアの空港でのことでした。

 

このハイジャックに乗じて

バングラデシュでクーデターも起き

当時はテロに対し強硬的に対応することが

大勢となっていたため日本政府の対応は非難されたそうです。

重信房子

1945年に生まれた重信房子

大学時代、学生運動に参加します。

その後、赤軍派に属することとなり

1971年に奥平剛士と偽装結婚しレバノン・ベイルートに出国。

 

パレスチナで日本赤軍を結成し、最高幹部となります。

日本赤軍はパレスチナ解放人民戦線(PFLP)と連携し

数々のテロ行為を繰り返しました。

 

重信は1974年に日本赤軍がおこしたオランダの

フランス大使館立てこもり事件「ハーグ事件」への

関与で国際指名手配され逃亡を続けますが

2000年に大阪高槻市で旅券法違反容疑で逮捕され

2022年5月に刑期満了で出所しています。

 

今回の番組はとても興味深いですね。

 

【何だコレ!?ミステリー】FBIでも無理?未解決ハイジャックのD.B.クーパー事件とは?
3月31日放送の「 世界の何だコレ!?ミステリーSP」では 「上空で消えた!?伝説ハイジャック事件の謎」が放送されます。 今回放送される事件は1971年に起きたハイジャック事件「D.B.クーパー事件」の ことでしょ...
ちょっと一言

人命は地球よりも重い

この時の言葉だったんだ

コメント