【マツコ会議】ハイヒールモモコの旦那や家族は?ダウンタウンと同期で若いころはヤンキー?

TV番組

5月28日の「マツコ会議」には

ハイヒールモモコさんが登場します。

 

ハイヒールモモコさんといえばベテランタレント。

芸歴40年を迎えたのだとか。

今回は人生をさらけ出してビジネスをする一家を

深堀りするそうです。

 

モモコさんの一家はどのような感じなのでしょう?

 

モモコさんといえばダウンタウンやトミーズと同期です。

若いころはヤンキーだったのだとか。

どういうきっかけで芸人になったのでしょうか?

すこし調べてみました。

 

NSC一期生だよね

歴史があるなあ

ハイヒールモモコ

ハイヒールモモコさんは1964年に

大阪府で生まれました。

 

1982年に3歳年上で女子大生だったリンゴさんと

ハイヒールを結成。

NSC大阪校の第1期生でダウンタウンやトミーズと

同期です。

 

1984年には「第15回 NHK上方漫才コンテスト」の優秀賞

第5回 ABC漫才落語新人コンクール」審査員奨励賞を受賞。

上方漫才大賞は1995年に大賞を獲得しています。

 

1996年に始まった大阪の朝の番組「あさパラ」では

ハイヒールは1996年から2021年まで出演。

その後始まった「あさパラS」も続投しています。

家族

モモコさんの旦那さんは小林政仁さん。

 

1992年に関西テレビの「週刊にぎやかテレビ」のお見合い企画で

出会い、翌年の結婚式はスペシャル番組として放送。

さらに3人の子供たちの出産や家族旅行、家の大掃除なども

特番として放送されました。

 

これが人生をさらけ出してビジネスをする一家と

いうことなのでしょう。

長男は26歳、次男は23歳、長女も19歳と

大きくなっていますが

テレビで見ていた人から「あんた、小さいころから見てるよ!」と

町で声をかけられることもあったようです。

若いころはヤンキー?

モモコさんは若いころはヤンキーだったそうです。

 

中学2年でヤンキーになったモモコさんの

補導された回数は17回。

高校を中退しますが、なぜ芸人になったのでしょう?

それは東京に行きたかったからなのだそうです。

 

「笑っていいとも!!」の前身の番組「笑ってる場合ですよ!」の

素人お笑い勝ち抜きコーナーに出演。

4日間勝ち続け、それが関係者の目に留まり

スカウトされNSCに特待生として無料で入学。

 

お笑いの道に進むことになったのです。

 

ものまねタレントのりんごちゃんはなぜテレビで見なくなった?ブレイクのきっかけは?
12月30日には「クイズ☆正解は一年後 2020」が放送されます。 この番組は年末の恒例の番組となっていますね。 年の初めにクイズの予想をして答え合わせは年末の生放送で。 この放送形態のため、2019年の放...
ちょっと一言

勝ち抜けたのがすごいね

才能があったんだろうね

コメント