卓球の早田ひなが初登場!見マヒナでも活躍、世界一の女子高生コンビ木原、長崎とは?

TV番組

8月16日放送の「ジャンクSPORTS」には卓球の早田ひな選手が登場します。

番組初登場だそうですね。

 

早田ひな選手といえば卓球の全日本王者

今回は世代を超えた夢の三つ巴対決をするのだとか。

そこには世界一の女子高生コンビ木原美悠選手と長崎美柚選手も登場。

プロに挑むそうです。

どのような試合になるのでしょうね?

 

そこで早田ひな選手、木原美悠選手長崎美柚選手ペアについて少し調べてみました。

 

面白い試合になりそう

日本女子卓球って強いもんね

早田ひな

 

早田(はやた)ひな選手は2000年に福岡県北九州市に生まれます。

 

お姉さんが卓球がしたいといい、地元の強豪の石田卓球クラブに通い

送迎についていくような感じで行っていたそうです。

そこで4歳の時に初めてラケットを握りました

 

全国デビューは小学校2年生の時。

中学に上がると、全国中学校卓球大会で2年連続優勝

2014年のITTFワールドツアーチリオープンでは史上最年少で決勝に進出しました。

 

高校進学後は一年生でインターハイの女子シングルスを制し

2016年のITTFワールドツアーグランドファイナルのU-21ではシングルス、ダブルスと

2冠を達成

 

その後もアジア選手権や世界選手権でダブルスで銅メダルを獲得。

Tリーグでは日本生命レッドエルフに所属し、初代MVPも獲得。

2020年の全日本選手権では伊藤美誠選手や石川佳純選手を破り初優勝するなど

オリンピックの出場選手にも負けない実績を誇っています。

黄金世代

2017年の 世界選手権デュッセルドルフ大会で早田選手は伊藤美誠選手との

16歳の「みまひな」ペアで銅メダルを獲得。

世界選手権の女子ダブルスでメダルを獲得するのは16年ぶりという快挙でした。

 

早田選手も伊藤選手も「女子卓球黄金世代」と言われています。

ほかにも平野美宇選手や加藤美憂選手など

2000年代前後に生まれた世代の選手たちが好成績を上げているのでそう呼ばれているのですね。

これからも活躍が期待される世代です。

 

ハイスピードプラン

世界一の女子高生コンビ

 

2019年12月、グランドファイナルで当時15歳の木原美悠選手と

当時17歳の長崎美柚選手の女子高生コンビが決勝で韓国のペアを破り

初優勝を飾りました。

 

このペアは世界ジュニア選手権でも優勝。

長崎選手はシングルスでも優勝しています。

 

これから黄金世代と切磋琢磨していくことになるのでしょうね。

 

ちょっと一言

卓球女子の未来は明るいね

どんどん新しい選手が出てくるよね

 

コメント