【ニッポンドリル】ハエ取り紙のカモ井加工紙が人気マスキングテープを作ったきっかけは?

TV番組

10月28日放送の「林修のニッポンドリル」の「大ヒット商品の謎」では

ハエ取り紙の会社が働く女性の必需品を生み出す! 」が放送されます。

 

この働く女性の必需品とはマスキングテープのことではないでしょうか?

ハエ取り紙の会社は「カモ井加工紙

 

マスキングテープはいろいろなことに利用できますもんね。

働く女性だけではなく、男性もかなり使っています。

 

ではハエ取り紙の会社だった「カモ井加工紙」はなぜ大ヒット商品となる

マスキングテープを作ることになったのでしょうか?

少し調べてみました。

 

DIYとかでもよく使われるね

おしゃれなのがあるもんね

マスキングテープ

 

マスキングテープとは塗装やシーリング・コーキングに使用される養生テープです。

 

塗装作業で塗らない部分を汚さないよう保護目的として使われたり

粘着力が弱く剥がしやすいために仮止めなど工業用として使用されてきました。

 

しかし、近年その特性に注目が集まり様々な色や柄のマスキングテープが発売され

おしゃれな文具として人気が出てきたのですね

 

スケジュール帳に貼ったり、やラッピングに使用したり

家具のリメイクに使用したり、壁紙に使用したりとあらゆる場所で使用できます。

さらにかわいい模様のマスキングテープも多いので、コレクションしている人もいるんだとか。

 

そんなマスキングテープの人気商品は「カモ井加工紙」の「mt」シリーズ。

ハエ取り紙の会社だった「カモ井加工紙」はどうやって

人気マスキングテープを発売するに至ったのでしょう?

カモ井加工紙

 

カモ井加工紙は岡山県倉敷市にあり、1923年創業の老舗です。

1930年には天井から吊り下げてハエを捕獲する「カモ井のリボンハイトリ」などの商品が

大ヒットとなりました。

 

戦後の高度成長期を迎えるとハエ取り紙で養った粘着技術で

和紙で作った工業用のマスキングテープを製造するようになり

1960年代には自動車の塗装用、1970年代には高層ビルの建築現場などで使用されてきました。

 

2006年、一通のメールが届きます。

 

ハイスピードプラン

mt

 

2006年、東京在住の女性3人組からメールが届きました

その内容は「工場見学をさせてほしい」というもの。

その人たちは工業用のマスキングテープをラッピングなどに利用し、冊子を作るほどの愛好者だったのです。

そのため、初めて工場見学を許可します。

 

彼女たちの視線は斬新で、話を聞いているうちにマスキングテープに文房具としての需要が

あることに気づき開発を始めました

試行錯誤の末、20色の無地のマスキングテープ「mt」が完成し

2008年に販売を開始します。

 

するとネットや口コミで一気に話題になり、大ヒット商品となりました。

 

【カンブリア宮殿】「ヤシノミ洗剤」などのサラヤがコロナで躍進、その取り組みとは?
10月22日の「カンブリア宮殿」では「“消毒"で世界を救え!ヤシノミ洗剤の会社が大活躍の秘密」 が放送されます。 今回の特集で登場するのは「サラヤ株式会社」 日本初の薬用石鹸液や植物由来の「ヤシノミ洗剤」など、創業...
ちょっと一言

女性がほかの会社で見学していたら生まれていなかったかもしれないね

消費者の意見は大事なんだよ

コメント