YOUTUBER芳賀セブン(芳賀涼平)がなったギランバレー症候群とは?原因は鶏肉?

TV番組

1月25日放送の「ザ!世界仰天ニュース」では

「危険な食べ方SP」が放送されます。

 

神奈川県に住んでいる芳賀涼平さん。

ボディービルやパワーリフティングの大会に出場していて

近い大会に備え減量中でした。

 

大会まで1カ月を切った日から下痢の症状が続き

医者に診てもらい薬をもらうも治らず

その症状は2週間以上続きます。

 

その後、階段も登れなくなり四足歩行で登りました。

それをSNSに投稿したところ

医療関係者から「神経系の疾患の可能性が高いので

すぐに救急車を呼んで下さい」と返信があり

救急車を呼び検査をすると驚きの検査結果が出たのだそうです。

 

何が起きていたのでしょう?

すこし調べてみました。

 

神経系の疾患?

SNSに投稿してよかったね

芳賀セブン

芳賀涼平(はがりょうへい)さんは1993年生まれで

神奈川県横浜市出身。

 

ボブ・サップの試合を見たことがきっかけで

腕立て伏せを始め、そこから筋トレも始めます。

中学から柔道をしていましたが、大学では通じず

顧問の先生からボディビルを勧められ転身。

ボディビルの大会で入賞し、その後パワーリフティング

転身しますが、そこでも神奈川県大会を3連覇という

好成績を残しています。

 

芳賀さんは芳賀セブンとして筋肉系YOUTUBERとして

活躍中です。

キャッチフレーズは「新宿二丁目最強のバルク」

YOUTUBEチャンネル「芳賀セブンの部屋」の登録者は

23万人という人気者。

筋肉系ということだけでなく、ゲイということもカミングアウトしていて

LGBT相談室などLGBTにかんする動画もやっているのだとか。

入院

芳賀セブンさんはボディビルの大会に向け

体を鍛え上げていました。

110キロだった体重も88キロまで絞り

ポーズの練習に励んでいましたが

体調不良に

 

薬を飲んでも下痢が1週間以上続いたため

病院で点滴を打ってもらいましたが

足や腕が動かなくなり、最終的には歩くことすら困難に。

 

そこで救急車を呼び、入院となり

ギランバレー症候群」と診断されたそうです。

ギランバレー症候群

ギランバレー症候群は末梢神経の障害によって、力が入らない、感覚がわかりにくい

しびれるなどの症状を起こす病気です。

日本での発症率は年間10万人当たりで一人か二人。

 

幸い芳賀さんは短期で退院もでき、後遺症もなかった

ようですが、重症になると後遺症が残ったり最悪の場合は

亡くなったりすることもあるそうです。

 

では、何が原因だったのでしょう?

どうやら鶏肉のようですね。

トレーニングの時に鶏肉をよく食べると思いますが

よく火が通っていないとカンピロバクターという菌が生きていて

食中毒となり、まれにギランバレー症候群を引き起こすことが

あるのだとか。

 

十分に加熱することg大切なのですね。

 

【シンソウ坂上】孤独死した女優大原麗子、ギラン・バレー症候群とは?
孤独死。 一人暮らしの人が誰にも看取られることなく、突発的に病気などで亡くなることを指します。 現在は増加中だそうです。 単身世帯が増えたことや地域とのこミュニティが薄くなっていることも原因の一つなのでしょう。 予防...
ちょっと一言

生は怖いね

きちんと火を通さないとね

コメント