【ナニコレ珍百景】岐阜県本巣市のラーメン店清太麺房が宇宙食を目指す餃子を開発した理由は?

TV番組

9月5日放送の「ナニコレ珍百景」では

目指せ宇宙食!コロナ対策で長期保存可能な餃子を開発したラーメン店」が

放送されます。

 

場所は岐阜県本巣市

宇宙食を目指すような餃子とはどのようなものなのでしょう?

たしかに宇宙でも食べられたらいでしょうけど。

餃子はおいしいですからね!

 

ではどのような餃子なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

餃子いいね!

たくさん食べたいなあ

岐阜県本巣市

本巣市(もとすし)は2004年に本巣町、真正町、糸貫町、根尾村が

合併して誕生しました。

岐阜県の南西部のほぼ中央から北端に位置していて

人口は約32000人。

 

本巣市はとても自然が豊かで

樹齢1500年の日本3大桜の一つ「淡墨桜」もあります。

清太麺房

鈴木清倉さんはいくつかの店を経営しています。

 

その一つが岐阜県本巣市にある餃子と台湾ラーメンが名物の

清太麺房」。

昨年からの新型コロナの影響により今までにないほどの

影響を受け、店の売り上げは減少してしまいました。

しかし、そこで下を向いてばかりではいけません。

 

こんな時だからこそ飲食店として何か明るい話題を届けられないかと

鈴木さんは悩んでいました。

前向きに考え空を見上げるとあることを思いついたのです。

フリーズドライ餃子

空を見上げ、餃子を宇宙食にして宇宙に飛ばし

明るい話題にしたいと思ったのです。

 

そこで食品科学研究所の協力を得て、開発に取り組み

半年間試作を重ね完成したものは

真空状態で急速に凍結・乾燥させてフリーズドライ化した餃子

銀河系焼き餃子ギャラクシー

 

宇宙食として採用されるよう宇宙航空研究開発機構(JAXA)にも

働きかけているそうです。

 

【ガイアの夜明け】味の素の冷凍食品の「ギョーザ」の売り上げは日本一?シュウマイの新品は?
5月7日放送の「ガイアの夜明け」では 「冷凍食品の熱い闘い!」が放送されます。 冷凍食品。 電子レンジでチンしたりで簡単にできて便利ですよね。 味もおいしいし。 現在は新型コロナウイルスの影響で...
ちょっと一言

一度食べたいね

面白い

コメント