【極限ミステリー】グッチの3代目社長マウリツィオを暗殺したのは妻パトリツィア?グッチ家崩壊とは?

TV番組

6月16日の「ワールド極限ミステリー」では

一流ブランド・グッチの社長を殺害!犯人はミセスグッチと呼ばれた妻!

グッチ一族を操り一流ブランドを崩壊させた魔性の女とは?」が放送されます。

 

グッチ」といえばイタリアの超有名ブランド。

ブランドの元祖ともいわれているそうです。

 

そんなグッチの創業者の孫に当たる3代目マウリツィオは暗殺されてしまいます。

しかもその暗殺犯を雇った犯人はマウリツィオの妻パトリツィアだったのです

パトリツィアは華麗なるグッチ一族を崩壊に導いたのだとか。

 

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

財産狙い?

グッチを自分のものにしようとしたとか

グッチ

グッチ1921年にグッチオ・グッチが創業しました。

 

グッチオには6人の子供がいて、三男のアルドと五男のルドフォが後継者に選ばれます。

アルドとルドルフォには50パーセントずつの株式が与えられ

確執はありましたが、グッチは発展していきました。

 

そして次の世代。

アルドにはジョルジョ、パオロ、ロベルトの三人息子がおり

ルドフォには一人息子のマウリツィオがいました。

ルドルフォが亡くなり、マウリツィオにはルドルフォの株50パーセントがいき

アルドは3人の息子に3.3%ずつ分け、自分は40パーセント持つことになります。

 

マウリツィオにはグッチ夫人を夢見る野心家のパトリツィアという妻がいました。

このパトリツィアが仕掛けるのです。

グッチ一族崩壊

アルドの息子パオロは低価格路線のブランド「パオロ・グッチ」を独断で立ち上げたため

アルドから追放され、恨んでいました。

パトリツィアはパオロに目をつけ、マウリツィオとパオロを共謀させたことで

株式の過半数を持つこととなり、アルドを失脚させたのです。

 

マウリツィオがグッチの新社長となりましたが

アルドが裁判を起こしマウリツィオは一時期社長から離れることとなり

マウリツィオもアルドを告発。

アルドは80代でしたが、収監されることとなりました。

 

マウリツィオは社長に復帰しましたが、不信感を持っていたアルドの息子3人は

株式をアラブの資本に売却

パトリツィアが愛より財産目的だと気づいたマウリツィオはほかの女性のもとへ走り

グッチの経営もうまくいかなく株式を売却

こうしてグッチ一族はブランドのグッチとかかわりがなくなったのです。

暗殺

数年の月日がたち衝撃的な事件が起きます。

マウリツィオが朝オフィスで射殺されたのです。

 

マウリツィオはグッチの経営から退きましたが、多数の財産を持っていて

別居中のパトリツィアがマフィアに暗殺を依頼したのでした。

 

数年後にはマフィアが暗殺の報酬に不満を持ち

暗殺の黒幕がパトリツィアということが判明

懲役26年の判決となりましたが、それより前の2016年に釈放されています。

 

この暗殺事件を描いた映画「House Of Gucci」が撮影中のようです。

パトリツィア役はレディー・ガガなのだとか。

 

ケネディ大統領暗殺事件の犯人は?機密文書公開はなぜ延期された?
4月29日にはNHKスペシャル「未解決事件 File.08 JFK暗殺 前編」が 放送されます。 JFKとはアメリカのジョン・F・ケネディ大統領のこと。 この事件はテレビ中継もされていたパレード中にケネディ大統領が...
ちょっと一言

映画も面白そう

創業家とか揉めることが多いね

コメント