【あいつ今】聖光学院でブレイクダンスに没頭、ペイミーの後藤道輝とは?

TV番組

10月16日放送の「あいつ今何してる?」では神奈川の超名門・聖光学院出身の奇才卒業生

の人が登場するそうです。

何でもその人は名門校に通いながらブレイクダンスに没頭。

現在は日本の働き方を変える革命児となっているのだとか。

 

その人は後藤道輝さん。

現在は株式会社ペイミーの代表取締役をやっています。

ではどんな人なのでしょう?

そして働き方を変える革命児とは?

少し調べてみまいした。

 

ブレイクダンサーなんだ

革命児っていう響きがいいね

後藤道輝

 

後藤道輝さんは1992年生まれ。

東京都蒲田の下町で看護師と消防士の両親のもとに生まれます。

 

小学校はクラスの半分が外国人という土地柄で安い飲み屋などもあり

貧しい人たちも見てきました。

中学生までは両親の影響もあり、誰かを助ける仕事に就きたいと考えていて

中学生までは医師が目標、ボランティアにも参加していたそうです。

 

中学校は看護師の母の後押しもあり、名門・聖光学院に進学します。

小さいころからお小遣い制ではなく、手伝いをしてお駄賃を貰ったりや昼食代をためた分だけの

お金だけで、遊んだりするようなおカネは持ってなくて金欠だったそうです。

 

進学した後はブレイクダンスに熱中しますが、名門校ということもありお金持ちが多く

格差を感じてしまいます。

さらにブレイクダンスでもお金がなくて大会に出場できない人がいたり、うまいのにお金がなくて

続けられない人もいたりと悔しさを感じ、お金のない人を助ける仕事がしたいという気持ちが

芽生えてきました

 

ボランティア

高校一年生の時にはタイにある貧困地帯の孤児院をボランティアで訪れます。

そこで国際協力や開発経済への関心が高まり、英語が得意ということもあって

夢は「国連職員」へと変わりました。

 

その後、慶應大学SFCへ進学するのですが、そこの駐車場には幼稚舎からエレベーターで

上がってきた人たちとも格差を感じたそうです。

後藤さんは電車と自転車でキャンパスまで通っていたのに、駐車場にはベンツやBMWがズラリと

並んでいたのだとか。

 

学生時代にはボランティアとしてカンボジアで井戸を作ったり、インターンとしてインドネシアの

工場で働いた経験もあり、貧困の問題は大きな事業を現地で産むことで解決されると考えるようになりました

 

お名前.com ドメイン登録

大学卒業後

卒業後の2015年、日本のほか東南アジアやアメリカに拠点を持つベンチャーキャピタルの

イーストベンチャーズに入社します。

入社後は投資先であるメルカリのマーケティングチームで半年、CAMPFIREに半年。

その後は中途入社でDeNAに丸一年、戦略投資推進室で働きました。

 

そこで試行錯誤を重ね、現在の事業を思いつき2017年に7月に株式会社ペイミーを設立したのですね。

ここは給与即日払いサービス「Payme」を展開しています。

 

このPayme導入した企業は、求人への応募数が増えたり、定着率が上がったりもしているそうで

給与の即日払いといういままでの働き方を変える革命を起こしているのかもしれませんね。

 

元タカラジェンヌ遥海おおらが会社の社長に、そこの国民的おやつとは?
芸能人に限らず、全く違う業種に転身している人は多くいます。 元タカラジェンヌの遥海おおらさんこと遠山昌子さんもその一人です。 男役として宝塚で活躍していたのですが、25歳で電撃退団。 そこから日本人なら誰もが一度は...
ちょっと一言

たしかに即日ほしい人は多いかも

無駄遣いはしないようにしないとね

コメント